ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

義理チョコのお返しは会社はどうする?ホワイトデーの相場や喜ばれる品物

   

バレンタインデーの時には老若男女問わずチョコのやり取りで緊張するのではないでしょうか。

男性だと、義理チョコでももらってしまった以上は返さなくてはと真面目に考えてしまいますよね。

会社や職場でもらったものだとしても、どんな風にすればベストなのかお返しを選ぶ前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

義理チョコのお返しは会社の人にも用意する?

バレンタインデーが終わってしまうと、今度は呆気ないほど多くのお店の売り場がホワイトデー仕様に変わります。

職場で頂いたものであっても、嬉しい反面お返しを意識させられて、本当に気苦労が絶えないという男性も少なくありません。

最近は会社側でも虚礼廃止ということで、付き合いのような年賀状、中元歳暮などのやり取りはなくなりつつあります。

バレンタインデーは良くも悪くもこの習慣はまだ続いているところもありますので、そうなるとホワイトデーも何かをしなくてはいけないと真面目に考える方もいるわけです。

お返しをすべきかすべきでないのか。

本当に迷うものですが、「お返ししないから」ときっぱり断る方や、押し負けてもらってしまってさてどうしようか、と悩む方などいろんなパターンがあります。

あげる女性側でも「お返しは期待していない」「あれば嬉しい」など、いろんな意見があるのでさらに「どうしたらいいんだ…」と思ってしまいますよね。

返すか返さないかで言えば、「どちらでもいい」けれども、「返しておけば、お互いにぎすぎすせず業務も円滑になるだろう」というところです。

男性側としては、「返すのに悩むからできればいらない」と考えている方の方が大半ですが、もしもらってしまったら「もらったことに対して感謝して」お返しする事をおすすめします。

ホワイトデーのお返しの相場は会社でもらったものを参考に

よくホワイトデーのお返しは三倍返しという恐ろしい言葉を聞くことはないでしょうか。

さすがに義理チョコでそれを期待する女性も早々いませんが、用意する方はどれぐらいの相場から選べばいいのか迷ってしまいますよね。

基本的には義理で頂いたものに返す場合には、同額かやや高めぐらいを意識すればいいでしょう。

実際に三倍ぐらいのものを用意して渡そうとしても、今度はお返しをもらう側が恐縮してしまうからです(難しいですよね…)。

市販の義理チョコであれば、開封する前に価格を調べてからそれに対して同額か高くても1.5倍ほどぐらいの相場にしておけばそれほど角は立ちません。

1000円前後ぐらいでも十分なので、自分の財布が痛くなりすぎず、それでいて相手にも負担にならないような金額にしてみて下さい。


スポンサーリンク

ホワイトデーに喜ばれる義理のお返し

頂いたものを見ながら大体の相場を計算したら、実際にお返しするものを決めていきます。

あれこれ考えるのが大変すぎて負担になるようであれば、スーパーやコンビニのホワイトデー売り場をまず見に行ってみましょう。

時間に余裕があるなら、デパートや百貨店の特設売り場を見ればさらにたくさんのお返し用のお菓子がずらりと並んでいます。

あまり考えすぎるより、「ありがとう」という感謝を伝えるために買うのだという意識で選べば楽です。

この時、ハンカチや入浴剤などちょっとした小物がついているようなセットもあります。

小物類は喜んでもらえる場合もありますが、それぞれの趣味もありますので、気軽にもらってもらいやすい消え物、菓子類などから探す方が無難です。

売り場に置かれているのは、マシュマロやキャンディ、クッキーなどが多いです。

こちらもどうぞ:歩鯛とデーのお返しのお菓子の意味や由来って?

会社向けのお返しだと、ラッピングが可愛らしくて、それでいて休憩時間などの隙間時間にちょっとつまめるようなものが喜ばれます。

キャンディ類は好みでない方もいるので、「残るものより食べて残らないもの」でクッキーやビスケットが個包装になっているものを探すといいでしょう。

甘いものが好みではない方には、缶珈琲やドリップバッグ、紅茶などのティーバッグでさりげなくお返しするのもいいですね。

お返しを渡す時には、「ありがとう!毎年気を使ってくれなくていいからね!」なんて、伝えられそうであれば言っておくと気が楽になるかも…しれません(苦笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:243円(税込、送料別) (2016/11/13時点)

ビスケットとドリンク、というお返しでもいいですね。

まとめ

義理チョコでももらってしまった以上はお返しをしなくてはと考えてしまうのは真面目だからこそです。

会社や職場でのホワイトデーも悩みどころですが、高すぎず安すぎずの相場を考えて喜ばれるものを準備しておきましょう。

なるべく消え物(食べ物)で選んで渡したらそれで終わり!とシンプルに考えてお返ししてしまいましょうね!

スポンサーリンク

 - 春の行事