ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

米の保存は袋のままでいい?保管しておく場所や便利な容器のおすすめは?

   

主食であるお米は、ストックして食べるので保存の仕方がとても重要です。

お米は湿気も乾燥も大敵ですから、油断をするとあっという間に風味が落ちてしまいます。

最後の一粒まで美味しく食べきるために、日頃どんな保管をしているのか見直してみましょう!

スポンサーリンク

米の保存は袋のままでもいいの?

購入した後のお米はどうしているでしょうか。

スーパーやコンビにだけでなく、朝市や道の駅で野菜と一緒に販売されていたりすると思わず購入したくなりますよね。

農家から分けてもらう事もあるでしょうし、遠方のお米を食べてみようと通販の利用もされているかもしれません。

手にするお米はビニール袋や紙袋などに入っていますので、購入時の袋のまま保管されている方もいます。

薄々お気づきだとは思いますが、そのままの袋で保管をするのはお米にとってよくありません。

その理由は

・湿気がたまりやすい
 蒸れて水がつくとカビの原因になります!
・酸化しやすい
 空気穴が開けられているので、空気に晒されるため酸化は避けられません。

ということが挙げられます。

直ぐに食べきれる量であればいいのですが、そうでないならお米の状態を悪化させないように

1.適温、湿度の場所を確保
2.別容器に移し変える

ようにして、お米の品質を保てるように保管しましょう。

米を保存する場所はどこがいい?

容器も大事なのですが、その前に「どこにおいて保管するか」も考えておきましょう。

もし上等な容器を購入したとしても、置く場所がなければ使うに使えませんのでもったいないです。

お米の保管に適しているのは、

・涼しい(10~15度の低温)
・日が当たらない(直射日光はNG)
・風通しが良い
・湿度は程ほど(55~75%)

という場所なのですが、現代の環境では部屋の中で条件に合う場所を探しても見つかりにくいです。

夏は暑くて置いておくのも怖いですし、冬でも暖房を使っているとあっという間に部屋は高温になります。

お米は乾物に見えなくもないのですが、生鮮食品です。

消費の目安も、他の野菜よりは確かに長いですが、春秋の比較的温度が安定している時期で1ヶ月、寒くなる冬は2ヶ月、暑い夏場は2週間と温度が高くなればなるほど味が変わりやすく、早めに食べないといけないのです。

また、精米すると玄米のように呼吸はしなくなるものの、空気に触れてどんどん酸化していきます。

酸化が進むと古いお米の独特のにおいが発生します。

ご飯を炊いてもそのにおいが鼻につきますし、味そのものも落ち、食べにくく感じられます。

精米したお米を触ってみて、手に白い粉がつきやすくなっているなら酸化が進んでいるので、早めに食べ切りましょう。

涼しい場所で保管する事で、参加して米が劣化していくスピードを遅らせることが出来ます。

常温で条件に当てはまる場所があるならその場所に保管をすることになりますが、キッチンなどの水周りや日や水を使って高温多湿になりがちなので、この周辺は出来れば避けて保管をして下さい。

そうでなければ冷蔵庫、冷蔵庫内でも吹き出し口は避けて、野菜室があればそちらでの保管をおすすめします。

ただし、冷蔵庫保管も完璧ではありません。

庫内も乾燥しやすいですし、出し入れする時に庫内と外に温度差があるので、出し入れをする時には水滴がつかないように注意しましょう。


スポンサーリンク

米を保存する容器は何がおすすめ?

保管場所を決めたら、お米の保存に使える容器を探しましょう。

保存場所にあわせた大きさで、素材や形状、デザインも含めて選んでみて下さい。

常温保存向きなのは、

・米びつ
・ライスストッカー
・キャニスター

です。名前は違うものの、ほぼ同じような感覚の入れ物です。

素材はガラスや陶器、ホーローや木製(桐は調湿性がある)などがあります。

空気に触れさせない、虫の侵入を防ぐために、蓋がついていてしっかり密封できる容器がおすすめです。

一応私はプラスチックの米びつ(2リットル、100均ショップ)を持っています。

米 保管

冷蔵庫に入れやすいものだと、

・タッパー
・チャックつき袋
・空き瓶
・ペットボトル

があります。

時間に余裕があるなら、入れ替える前に炊く分だけ小分けしてパッキングすると調理の手間が省けます。

入れ替える前にはもちろんしっかりとよく洗って中も乾かしてからお米を移さないと、水分がついてしまいます。

空き瓶やペットボトルはジュース類だとにおい移りがしやすいので、水や香りがないものを使うといいでしょう。

意外とチャックつき袋が重宝してくれたりしますが、使い切ったらその都度洗って清潔な状態で使えるようにして下さいね。

まとめ

米の保存は購入時の袋のままだと品質が落ちやすいです。

保存に適した場所と容器を使って保管をして、いつでも美味しいご飯を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

 - 料理