ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

初節句は早生まれの女の子はいつ?ひな祭りに何をする?お雛様の準備は?

   

待望のお子さんが生まれて、女の子であればひな祭りを始めたいろんな行事も何をしようかとても楽しみになりますね。

誕生日が1月や2月、3月というように早生まれのお子さんだと、来たる初節句はいつ頃で何をしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

初節句は早生まれの女の子はいつやればいいの?

女のお子さんが生まれたら、まずはお宮参り、そしてお食い初めと少しずつ成長を見守っていく事になります。

さらに大きくなれば、七五三などもどんな服を着せて髪の毛も可愛らしいヘアスタイルにしてあげようと、もう既に楽しみになっているかもしれません。

でも、生まれた時期によってはお宮参りやお食い初めよりも先に桃の節句がやってくることもあります。

1月から3月頃の早生まれのお嬢様だと、一ヶ月は何とか経過していても、100日を過ぎていなくてお食い初めもまだの所に3月3日の初節句が来るのです。

ご両親から「初節句やる?」なんて言われて親の方が「どうしたらいいのだろう」と慌ててしまうぐらいです。

月齢もまだ低く、首も据わっていないでしょうし、3月は春とは言えどまだまだ寒い日が続きます。

場合によってはインフルエンザなどが流行していたりする事もあって、イベントをしようかと思っても少し心配ですよね。

そうでなくてもママだって産後で体調が戻っていないでしょうし、そんな中で育児に奔走して家事もしてもうへとへとでしょう。

家族水入らずで節句を迎える事ができるならまだしも、ご両親や親戚たちを呼んで集まって会食をするというのはやはり気持ちに余裕もなく疲れてしまいます。

初節句は文字通り、生まれて始めて迎える節句の事を言います。

11月生まれならお食い初めももう終えていることでしょうし、12月であれば何とかギリギリ過ぎてぐらいでしょうか。

1~3月生まれだと3ヶ月も過ぎていませんし、誰かを迎えたり外に出かけるのにも気を使います。

地域でも多少の違いはありますが、生まれて間もないお子さんやお母さんの体調を優先して翌年に初節句をされるご家族が多いですよ。

お宮参りが終わってから行うというご家族や地域も多いですから、心配だなと不安になりながら連れまわすより、ゆっくりと過ごして次の年に初節句を皆様でお祝いしてはいかがでしょうか。

初節句のひな祭りは何をするもの?

初節句のお祝いを翌年に行うとなれば、今年はどんな風に過ごせばいいのかちょっと考えてしまいますね。

ダンナ様やお嬢様とご自宅でゆったりと、食卓を囲み、ひな祭り用のケーキも小さめのものを用意して気兼ねなく過ごされると良いでしょう。

お料理などはまだ赤ちゃんですから食べられないとしても、お雛様らしい雰囲気で散らし寿司やハマグリのお吸い物を準備して記念写真に残したりするのもおすすめです。

写真などに残しておくと、後で見返すことができますし、「来年は一緒にお祝いしようね」というようなメッセージを添えてご両親たちにお渡しするのも喜んでもらえるでしょう。

今だからこその可愛い姿も形にしておく事で、どんな風に成長してくれるのか、我が子を見守るのがより一層楽しみになりますよ。


スポンサーリンク

初節句にお雛様は準備しておく方がいい?

赤ちゃんのお世話をするだけでも手一杯な日々の中で雛人形の準備をどうするか、購入の申し出を頂いたとしても全く余裕がなくて選ぶに選べません。

探し始める時期によってはシーズンが過ぎていて、好みのデザインのお人形が減ってきている場合もあります。

急いで購入するより、少し小さめの置きやすいものや吊るし雛もあるので、そちらを用意してお祝いして過ごすのも良い思い出になるでしょう。

もしもお母様ご自身の雛人形があるなら、そちらを飾って受け継いでいくというのもとても素敵ですよ。

「 雛人形、買う それとも 買わない?」

住宅事情や出し入れの手間も手伝って「買うか買わないか」というのも悩みの種です。

母から子へ、子から孫へと長年受け継がれていくお人形もあります。

厄除けとして女の子一人に一つ用意するというご家庭もあるので、ご両親たちとも相談をされると良いでしょう。

お人形も今は大きな段飾りだとそれだけでも大変な気持ちになってしまいますから、親王飾りだけというのもありますし、かわいい動物やキャラクターのものもあるので、ご家庭にあったお祝いをして楽しまれて下さいね。

まとめ

初節句も早生まれだとかなり早い時期になりますから、いつやるべきなのか迷う事も多々あります。

かわいい女の子ですからひな祭りはしてあげたいのが親心です。

母子の体調に配慮をして、準備を進めて素敵な思い出をたくさん作りましょう!

スポンサーリンク

 - 春の行事