ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

結婚式の招待状は親しくない人からもらうと困る?!ご祝儀の相場や欠席する時はどうする?

   

結婚式の招待状はおめでたいですが、やはり準備も大変ですしお金も使います。

仲の良い人なら素直に祝う事もできますが、大して親しくない人から打診されても困惑するばかり。

どんな風に対応すればよいのか、ご祝儀の準備をどうするかも考えなくてはいけないので確認しておきたいですね。

スポンサーリンク

結婚式の招待状は親しくない人だともらっても困る!?

普段から親交がある親しい人から結婚の連絡をもらえばとても晴れがましいですし「おめでとう!」と祝福したいですよね。

その一方で「なんでこの人から結婚の招待の打診が?」と連絡をもらっても疑問に感じるような事もあります。

何で招待状の打診をされたり、または届いたりするのかと悩んでしまいますが、概ね理由としては

・数合わせ(新郎新婦でゲスト数のバランスをとるため)
・ご祝儀集め
・相手側は親しいと思ってくれていた

などが挙げられます。

招待状もよほどの事情がない限り、マナーとして送る前には「事前の打診」をします。

その為、招待状の送付の打診があった時に自分自身で

・この人とはあまり親しくない
・昔は親交があったけれども、現在は遠方に行くなどして疎遠
・今後も濃い付き合いはないだろう

と関係性を洗いなおして感じるようなら断って差し支えありません。

人や地域によっては「冠婚葬祭の参加は絶対」とお考えになる方もいます。

そもそも親しくない人に招待状を送るという時点で数合わせやご祝儀集めと思われやすく、ある程度は欠席の返事が来るだろうと出す側も思っています。

中途半端に「予定が分からないので考える」とあいまいな返事をすると、検討して悩んでいる間に頭数に入れられて招待状が届いてしまう事もあります。

お断りの理由も家族や親戚の法事、結婚などの冠婚葬祭でも問題ありません。

祝う気持ちがどうしても持てないというような関係性の方であれば、「都合がつかないので」と早めにお断りしておくと、お互いにそれ以上気を使わなくていいので気持ちも楽になります。

ご祝儀の相場は親しくない時はどれぐらい包む?

返事を保留したりしているうちに、「招待状が何故か届いてしまった…」ということもないわけではありません。

正式な招待状が届いたまたは渡された場合には、親しさの度合いに関係なくご祝儀も用意すると腹をくくりましょう。

早めに出欠を決めて返送します。

出席の場合、ご祝儀も親戚なら家の付き合いと割り切れなくもないですが、

・会社の人(挨拶ぐらいのレベル
・数年連絡がなかった知人
・親しくないと思うような友人

だと気が進まずに考え込んでしまいますよね。

一般的な披露宴の相場としては

・引き出物 1万円
・料理 1万円
・お祝い金 1万円

として出席する時の相場は三万円だと言われています。

会社の同僚などの場合は2万円が相場とされています。

友人知人(親しくない!)の場合でも最近は2万円(ペアの意味)としてご祝儀を準備する方もいます。

出席を決めたら周囲の人と相談して足並みを揃えつつ、自身の懐具合で納得できる金額を包めばいいでしょう。


スポンサーリンク

結婚式を欠席する時のご祝儀は親しくない人には幾ら?

結婚式の招待状をもらっても欠席を決めた場合です。

お祝いの席の連絡を頂いたとは言え、気の進まない招待状だと逆に返信をするのにも気を使うので既に疲労困憊かもしれませんね。

事前に打診を頂いていた場合には、「欠席する事を先方にお伝えしつつご祝儀を準備」します。

披露宴には参加しませんので、「お祝い」部分のみとされて1万円が相場です。

電報やプレゼントは適宜ですが、親しくないとそこまではしないことが殆どです。

また、事前連絡などの打診がなく招待状が送られてきた場合は欠席の返信と金額の分からないようなプレゼント(3000~5000円程度)や電報を送ったりすることもあります。

事前連絡がないので欠席だけの返信という場合もあるので、今後の付き合いがありそうかどうかを考えた上で決めると良いでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)

まとめ

結婚式の招待状も親しくない人からもらってしまうと何とも言えない気持ちで、祝う気持ちもちょっとしぼんでしまいそうですよね。

ご祝儀の相場も考えつつ、欠席する場合にもどれぐらい必要なのかも考えておきましょう。

お祝いしたい気持ちになれるかどうか。

それをふまえた上で、招待状の打診があった時から早めの対応を心がけたいですね。

スポンサーリンク

 - 日常生活