ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

雛人形は買い替えていい?お雛様の処分方法 無料の引き取りはしてもらえる?

   

3月3日は桃の節句ですね。

お雛様を出して飾り付けをして、ちらし寿司やハマグリのお吸い物などのたくさんのご馳走を用意して楽しい一日を過ごそうと計画しているのではないでしょうか。

雛人形も大切にしていても、長く飾っているとお人形本体や着物、小道具なども傷んできます。

お子さんのために新しく買い替えようか修理をするのか迷うこともありますが、ベストな方法を選びたいですね。

スポンサーリンク

雛人形は買い替えてもいいの?

お雛様も、お子さんが生まれてから新しいものを用意するご家庭だけではなくて、

お母さんが娘さんへ、そして娘さんからさらにその子供さんへと代々引き継いで大切にしてきたというご家族ももちろん多くいらっしゃいます。

大切に飾り、しまう時も気をつけて保存をしていても、飾っている間に多少は日焼けをしたりして色あせることもありますし、小さなお子さんがいたりすると触ったりして着物や小物なども多少は汚れたりしてしまうものです。

保管中に虫食いなどのトラブルなども時には発生することがあります。

修理やリメイクができるならそれでいのですが、これまで飾ってきたお雛様と雰囲気が変わってしまうこともありますので、それならいっそ買い替えをして新しく雛人形をお迎えようと考えることもあるでしょう。

買い替えの理由も古くなって傷みが激しくなってきただけでなく、

・住宅事情で飾ったり保管するスペースが確保できないので小さいものにしたい
・お人形の表情を柔らかいものにしたい

など、いろんな事情があって買い替えようかなと検討されるのです。

ただ、中々新調に踏み切れないのは「バチが当たらないだろうか……?」と心配される方もいますし、何より女の子たちの成長を見守り、時には厄を引き受けてくださるお人形ですし、愛着も湧いていて手放しにくいという気持ちもあります。

買い替え自体は悪いことではありません。

しまいっぱなしも逆によくないとも言われますので、これまで飾ってきた雛人形たちに感謝を伝えお別れをして新しいお雛様をお迎えして、またお子さんと一緒に桃の節句をお過ごしください。

お雛様を処分する方法が知りたい!

これまで見守ってきてくれていたお雛様を手放すと決めたとしても、今度はどのように処分すればいいのかと悩んでしまいますよね。

人形そのものは可燃として扱われることが多いので、場合によっては地域の可燃ごみとして出す方もいますが、心情としてごみとして捨てるのは難しく感じる方のほうが殆どです。

手放す方法としては、

1.お寺や神社で供養をしてもらう
2.施設や保育園に寄付(事前に役所に問い合わせて、要望があれば引き取ってもらう)

などが主になります。

女の子のお守りとしての役割を持つ人形という性質上、中古の買取はほぼないと思っておいたほうが良いでしょう。

大手オークションでも引き取り手があれば良いというぐらいであまり値もつかないことが多いです。

1の供養をしてもらいたいという時には、近所の寺社でも供養をしてくれることがありますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

その際にはお布施が必要になることもあります。

地域によりけりですが、1~2万円程度包んでお渡しするというようなことも多いので、供養の問い合わせの時に一緒に聞いておきましょう。


スポンサーリンク

お雛様を無料で引き取りしてもらえる?

お人形の処分をしなくてはいけないけれども、お金を掛けられないという事もあるでしょう。

よほど珍しい人形ということでもない限りは、中古での買い取りやオークションの利用でもあまり反応がないこともしばしば。

それこそ、ただで引き取ってもらえるだけでも有難いというのであれば、市役所や自治体を通しての寄付等がないかをチェックしたり、友人や知人などに声を掛けたりしてもらって頂けるのであればお譲りするということになります。

もちろん、お気持ちに無理がないなら一般的な自治体の処分方法(可燃ごみなど)を利用すればそれほど費用はかかりませんので、悔いの残らない方法を選んでみて下さい。

まとめ

雛人形の買い替えや買い増しなどは、必要に応じて行って構いません。

けれども、手放そうと決めたのであれば、供養をするなどして感謝をしてから処分をする方が、ご家族の皆様の気持ちとしてもすっきりと心穏やかに新しい人形をお迎えできるのではないでしょうか。

受け継いできたもの、購入して大事に飾ってきたお人形、いろいろあるでしょう。

これからも可愛いお子さんの健やかな成長を見守ってくれる存在として、大事にしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 春の行事