ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

そうめんの賞味期限はいつまで?保管場所はどこがいい?

   

夏に大活躍してくれるのど越し爽やかなそうめん。

乾物なので頂いてもついそのままにしてしまうこともよくあります。

食べる分ずつ出して使っていても、奥の方に眠っていたりする分が

出てきたりすると驚きますよね。

お中元などで頂く機会も多いですから、

いつまで食べられるのか、保管場所や方法を見直して、

最後まで美味しく食べきりましょう!

スポンサーリンク

そうめんはいつまでに食べたらいいの?

夏には一度は食べるおなじみの素麺。

食欲のないときにもさっとゆでるだけでするりと食べられますし、

夏休みのお子さんの昼食に悩んでしまうという時にも

さっとゆでて冷蔵庫で冷やして置けるのでお母さんにも心強い味方の食材です。

自分で買う事もあれば、お中元などの夏の贈り物の定番として

一気にたくさんもらうこともあり、「すぐには食べきれない!」

ということもしばしばでてきます。

しまおうとした時に去年のものが出てきてびっくりすることもよくあります。

そんな素麺ですが、乾物(乾麺)だけあって賞味期限は長いです。

一般的には2年の記載が多いので、その期間であれば問題なく

食べられると思っていいでしょう。

※1年6ヶ月とか2年6ヶ月、3年などメーカーによって
 記載が違うので、よく見ておいて下さいね。

そうめんは熟成させるほどおいしいと言われているので、

古いものを好まれる方もいます。

2年、3年と梅雨を越せば「ひねもの」「大ひねもの」と呼ばれるようになります。

…が!

近年は猛暑が続いていますし、一般家庭で

企業と同じような熟成できる環境を作って保管するのは困難です。

・賞味期限は期間内なら美味しく食べられる

・消費期限は期間内に食べきろう

という目安なので、それを守って食べる方が気持ちとしても

安心できるのではないかなと思います。

賞味期限がちょっとすぎてしまったものがあるのでもし食べてみようと思うのであれば

  • 酸化して嫌なニオイを出していないか
  • 変色の度合いはどうか
    濃い黄色になっていたり茶色くなっていたりしていないか
  • カビが生えていないか
    生えていたら保管場所が湿気やすい環境だった可能性があります。
    そうめんがかび臭くなっていたりもしますし、できれば処分をおすすめします…

と、素麺の状態をよく見て少しだけためしに湯がいてみてください。

食べて大丈夫と思えたら残りも頂く、とする方がよいでしょう。

とは言えあくまで自己責任となりますので、

頂いたもので賞味期限が分からずに食べるのに迷うようであれば、

不安なまま食べるのも美味しく感じられませんので、

勿体無いですが処分もやむなし、です。

お腹を壊したり、体調を崩してしまっては元も子もないですからね。

そうめんの保管場所はどこがいい?

乾物ですから、そうめんにはとにもかくにも湿気は大敵!です。

その上夏に頂くことが多いですから、保管する場所によってはいともたやすく

「高温多湿」を実現してしまいます…

冷暗所の保存がよく推奨されますが、早ければ5月末~6月ぐらいからでも

30度を超えるような日を迎える事があります。

涼しい場所を室内で探すのが難しいぐらいで困ってしまいますよね。

まず「保存しない方がよい場所」としては

  • 高温、湿度が高い
    カビが生えたり虫がつく原因にもなります
  • 床下収納や押入れ
    メーカーの方でもNGとされることが多いです
  • ニオイが強いものを近くに置かない
    素麺は驚くほどすぐに香りを吸収してしまいます
    石鹸やシャンプーなどをうっかり近くにおいておくと大変な事に。

どこにしようかなと思ってよい場所を探しているのであれば、

駄目な場所だけは避けられるよう気に留めておいてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

では実際にどこに置くのがいいのか、ですよね。

  • 風通しがよい
  • 乾燥している
  • 涼しい

最低限クリアしている場所が室内で確保できればそちらに保管しましょう。

7~8月頃の真夏の時期は連日30度を当たり前のように越していくので、

昔のような「冷暗所」なんて見つからない事が殆どです。

冷蔵庫や冷凍庫でも保存ができますので、

あまりにも大量にあって困った……というときはすぐに食べない分は

そちらで保管しておきましょう。

保存する容器ですが、

  • 桐箱
    湿度を調整してくれる作用もあります。
    頂いた時の箱をそのまま使ってもいいですね。
    ただし高温多湿の場所だと箱そのものが傷むこともあるので要注意。
  • キャニスターや缶、タッパー
    きっちりふたも閉められるので使いやすいです。
  • チャックつき袋
    ジップロックなど便利で重宝します。
    しっかり空気を抜いて保管しましょう。

お菓子についている乾燥剤も余っていれば一緒に入れてもよいですね。

新聞紙などの紙に包んでから容器に入れるのですが、

出し入れしやすいように食べる分ずつ小分けしておくと取り出しやすいです。

室内によい場所があれば常温、そうでなければ冷蔵または冷凍で保管して下さい。

※夏場は冷蔵庫を少しあけるだけでも
 温度差で水滴が付く事もあるのでご注意を。

※常温で保存(冷暗所)しているなら、
 天気のよい日に陰干しすると虫やカビが付きにくくなります

まとめ

暑い夏には一度は食べておきたい、

のどごしすっきり爽やかな素麺。

薬味も揃えて冷たくしたそうめんは本当に美味しいです。

ギフトで頂いたりうっかり前のものが出てきた!時も慌てずに、

賞味期限や麺の状態を確認してから

食べるかどうかを決めてくださいね。

保管場所もできるだけ涼しくてよい場所を探して、

美味しく食べて夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

 - 夏の行事