ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

すももの食べ方は皮ごと食べて夏の栄養補給に!上手な切り方は?

   

梅雨もそろそろ終わり、夏が始まる頃に出回る

丸い形が可愛いすももやプラム。

爽やかでジューシーな果物ですが、手に取っても小さいので

どう食べようかと悩むこともありますよね。

そのまま皮ごと食べても美味しいですし、綺麗にカットして

お菓子や料理に使ってもフレッシュな味わいです。

元気をもらえる果物なので、暑い夏にはうってつけですよ。

スポンサーリンク

すももの食べ方は皮ごとでも大丈夫

6月後半ぐらいから少しずつスーパーや八百屋さんで見かけるすももやプラム。

桃よりも安いし個数も多いので「ちょっとどんな味かな」と

興味津々の方もいるのではないでしょうか。

もしかすると、ご実家から送ってきたとか、

知人から頂いたという方もいるかもしれませんね。

すももそのものは手のひらに乗るような可愛いサイズです。

これだけ小さいと、皮をむいて食べるのか

それとも皮ごと食べてしまってもいいのか迷ってしまいます。

気になる結論としては、

皮をむいて食べても皮ごと一緒に食べても

どちらでも好きな食べ方で大丈夫です。

スモモはその名の通り甘酸っぱいのも魅力の果物です。

酸味を特に強く感じるのは皮の近くや種の周りなので、

少し食べてみて酸っぱい!という時や

皮の食感が気になるならむいておくと食べやすいです。

私は最初は皮をむいていましたが、可食部が減ってしまって

もったいないと思ってからは皮ごと食べてます(笑)

さくさく、しゃきしゃきしていて美味しいですよ。

すももの栄養は皮にもあります

すももはビタミンやミネラルも豊富ですし、

酸っぱさを感じる成分にはクエン酸やリンゴ酸を含んでいるので

夏ばてしやすいこの時期の疲労回復にももってこいです。

食物繊維の一つであるペクチンも含んでいて、

整腸作用も期待できるのが嬉しい果物です。

ペクチンは主に皮に含まれていますが、

他にもポリフェノールなどの栄養も含まれていますので、

そのまま食べる方が栄養を丸ごと頂けます。

すももにうっすらついている白い粉は?

いざ食べようかと思って意気揚々とすももを見てみると、

時々うっすら白い粉のようなものがついていて気になってしまいますよね。

一瞬「何だろう?食べていいの?大丈夫?!」

と慌ててしまいますが心配はいりません。

この白い粉は「ブルーム」と呼ばれる

果物自身が病気や乾燥から身を守るために果物自身が作る

蝋物質(保護膜の様なもの)です。

自然に分泌されているものなので、害はありません。

むしろ、よく熟していて新鮮なものに見られるので、

鮮度を見る目安にもなります。

軽く洗って、食べてしまいましょう。

すももがすっぱいから食べにくい…そんな時は

瑞々しく張りのある艶やかな実をかじってみると、

思わず「すっぱい!」と口にしてしまう事もあるかもしれません。

すっぱいからこそのすももなのですが、

それでも酸っぱすぎて硬くて食べにくい時もあります。

そんな時には追熟させてみましょう。

冷蔵庫で2~3日置いておくと少しずつ青かった実も

ほんのり赤く、柔らかくなっていきます。

もしリンゴがあるなら一緒に置いておくと追熟が進みやすくなります。

様子を見ていても硬いままの実もありますので、

その時は細かく刻んでヨーグルトやシリアル、

アイスのトッピングにして食べれば美味しいですよ。

常温で置いておくには最近は暑すぎるので、

もし常温で置いて様子を見るなら傷まないようにご注意下さい。

食べきれないすももを保存したい!

すももを袋一杯もらったりすると、

必死に食べてもなくならないなんて事もあります。

食べきれないともったいないですし、

どうにかしたいですよね。

そのまま生で頂くのはもちろんですが、

ジャムやコンポート、シロップ漬け、スムージーに使っても

美味しく食べられます。

パンやケーキの中に入れて食感を楽しんだり、

タルトのような焼き菓子に使うのもおすすめです。

さっぱり食べるなら、お手軽で簡単な

ゼリーや寒天にするのも美味しいです。

すぐに食べきれない分を保存する時は、

新聞紙などに包んでから野菜室へ。

冷凍すればシャーベット感覚で食べられるので、

暑い夏のひんやりおやつにも良いですよ。


スポンサーリンク

すももの上手な切り方は?

自宅であればかじって食べているのですが、

お弁当に持っていく時はすももを切っています。

いろんなやり方があると思いますが、

私の場合は下記のようにカットしています。

今回はソルダム、自分の中ではやや硬め酸っぱめ、しゃきしゃき歯ごたえ、のスモモです。

まず水で洗います。

すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方

真ん中あたりのくぼんでいるところに沿って、

すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方
ぐるりと一周、ナイフを入れます。(たまにずれます…)

そして、両手で実を回します。

すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方
少しずらしてみてはいるのですが分かりにくいですね…

熟して柔らかいものだと外そうとすると実が潰れたりします。

今回は種が外れにくかったので、種に沿ってナイフを入れて

すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方
半分にしてから種を出しました。

皮はあまりむきませんが、種を外してからむく方がむきやすいと思います。

ついでに杏も安かったので買ったものを同じようにやってみました。
すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方

洗ってからぐるっと一周……すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方

回すと簡単に外れたので拍子抜けしてしまいました。すもも 食べ方 皮ごと 栄養 切り方

杏はよくドライフルーツで食べるのですが、

生食すると思ったより酸っぱかったです。

でもこの酸っぱさがやみつきになってしまっているので、

この時期が楽しみでなりません。

まとめ

硬くて酸っぱい!

甘くて柔らか!

品種や熟れ具合でスモモの味も変わりますが、

食べられる時期もあっという間に終わってしまいます。

毎年、スモモの時期が来るのが本当に待ち遠しいです。

夏らしい果物の一つとして、機会があればさっぱり爽やかな、

フレッシュなすももの味も楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 料理