ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

カタログギフトの選び方に悩む!何を選んだかわかる?期限切れには気をつけて!

   

カタログギフトは引き出物やお中元、お歳暮などでも頂く機会が本当に多くなりました。

似たようなラインナップも多くて、選ぶのに迷って一苦労です。

ようやく決めて選ぼうとしたら「ハガキがない!」「期限切れだ!」なんてがっくりしたことも。

「もらって良かった」と後悔しないものを選ぶにはどうしたらいいのか、じっくりカタログを見ながら考えてみたいですね。

カタログギフトをもらうと選ぶのに悩む!

今や定番のギフトとして定着しつつあるカタログギフト。

初めてもらった時は「品物を自分で選べるとはなんて素晴らしいのだろう」と感激したものです。

何度か頂くようになると、カタログに掲載されている品物も雰囲気が似ているようなものがちらほらとあって「どれをもらおうかな……」と困ってしまうことも増えてきました。

インターネットを使うのが当たり前になっているこの時代、もらったカタログギフトを見てカタログ名やカタログ会社で検索してしまえば、どれぐらいの価格のギフトなのかすぐに分かってしまいます。

そうなると、カタログに掲載されている品物がギフトの値段に見合ってないように思えてくるのも仕方がないのかもしれませんね。

カタログギフトで忘れてはいけないシステム料

カタログギフトも3000円、5000円というようにいろんな価格帯のものがあります。

金額だけ見ていると、3000円のカタログなら3000円相当の品物が掲載されていると思いますよね。

実際には、品物そのものだけでなく、カタログの印刷費用や、送るときののし、包装などのラッピング、配送や顧客管理などの費用としてシステム料がかかっています。

大体は500〜700円(税抜)のシステム料がかかる会社が多いです。

例として「3000円(税抜・システム料500円込)」なら、実際にカタログに掲載される商品はシステム料を引いた「2500円相当」の定価の品物がずらりと並ぶというわけです。

システム料は別になっているのであれば、カタログの値段相当の品物が掲載されます。

価格の割には安っぽく見えたりする品物が入っているように感じるのもそのためだと思っておきましょう。

カタログの中でお得な商品はあるの?

迷いに迷ってしまうと「いっそ値段が高そうなものを選んだ方が得だ!」と思いませんか?

目を皿のようにカタログを見直してお値打ち品を探してみても「やっぱり分からん」となってしまいますが、基本的にカタログ内の商品の価格には差はありません。

きっちり全商品同じ金額!ということもないのですが、「損か得か」は考えない方が良さそうです。

一説には、カタログ内の写真が大きくておすすめに見えるようなものは「カタログ会社側が選んで欲しい商品」で小さい写真だと「ちょっぴり困る(採算が取れないという意味合いで・笑)」とも言われていますが、これも全ての会社に当てはまるわけではありません。

あまりに迷うようであれば、一度気をつけて品物を見比べてみるのも良いポイントです。

カタログを一通り見て商品種類が多いジャンル(食器や雑貨類)も「できればこれを選んで欲しい」という会社側の狙いがあって構成されていることが多いようです。

迷った時にはどう選べばいいの?

商品の値段も大差がないとなると、本格的にどれがいいのか大いに悩みますよね。

私の場合は、一通り見て、少しでも「良さそうかな」「気になるな」と思ったものに付箋を貼ってチェックしておきます。

  • 食べたい、食べてみたい!
  • 使ってみたい!
  • 自分自身では「まず」買わないだろうけど気になる!(チャレンジ精神)
  • 長く使えそう
  • あったら便利
  • 生活の中での必需品
    デザイン、耐久性などを比較。タオルのセットとかは普通に買うより品質が良いので、タオルが減ってたら交換させてもらうことも
  • しょうゆ、味噌などの調味料も無駄になりにくいので、美味しそうだと思えたらチャレンジ

一通りチェックしてみて気になる商品の詳細はグーグル先生などを頼って検索して、じっくり内容を確認します。気に入ったらその商品に決めて注文します。

高めのカタログギフトだと、宿泊やホテルで食事とか、金券(!)が選べたりもするものもあるので、そういう時はそちらの方を選びます。

逆にあまり選ばないのは家具や家電、アクセサリー、インテリアや食器です。

自分好みのものを選びたいのと、カタログの写真と実際に届いたものの落差が激しかったので……やめておいた方がいいな、と実感させられました(苦笑)。

特にブランド名がない雑貨などはよほど好みのデザインでないと選び難いですよね。

最終的に選択肢に困ったら食べてなくなるお肉やスイーツ系を選んでいます。お菓子なら自分で食べるもよし、皆で食べたり来客があった時にお出しするもよし、といろいろ重宝しますので。

カタログギフトは相手に何を選んだか分かるの?

これにしようかな。と良さそうな品物をカタログで見つけたものの、すぐに選べない時もありませんか。

悩んでしまう理由は人それぞれですが、「相手に自分が選んだものが何か分かってしまったら嫌だな」と心配してしまう方も少なからずいます。

カタログの品物に変なものが掲載されているということはないのですが、贈り主に遠慮をしたりすることもありますし、「こういう品物を選んだんだな」と思われたりするのも気恥ずかしいような気持ちにさせられます。

自分が選んだ品物は何かというのは相手に伝わったりする事はありません。気兼ねなくカタログを下さった方の気持ちを受け取って好きなものを選んで下さい。

自分のために好みのものを選ぶのもよし、カタログの中から誰かにあげたいものを選ぶのもよし。一緒に見ていた家族が欲しいものを選んだっていいのです。

自分が欲しいものは見つからなかったとしても、家族で使えるもの、食べるもの、冠婚葬祭とかで使えそうなものなど、視点を変えてみてみれば「これをもらってみようかな」と思えるものも出てきそうですよね。


スポンサーリンク

カタログギフトは有効期限が切れないように注意

悩みに悩んで、一旦後で考えようとカタログギフトを閉じてどこかに置いておくと、もらった事自体を忘れてしまう事があります。

カタログギフトにも「交換できる期限」が設定されているので、それを過ぎてしまうとハガキを送ったとしても品物を届けてもらうことができません。

短めの3〜4ヶ月ぐらいのカタログもあれば、1〜2年と長めの期限を設定してあるものもあります。

期限を過ぎてしまっていても、カタログ会社によっては問い合わせたら品物を届けてくれたり、場合によっては新しいカタログを送ってくれたりする事もあります。

期限が切れる前に「もうすぐ有効期限ですよ」とお知らせしてくれたりする会社や、アナウンスはなくても、頼まなかった時には会社の方から贈り主にその旨を伝え、品物が送られてくる場合もあります。

ようやくもらうものを決めても、残念な事にハガキが見当たらない(!)という一大事が発生する事もあります。

紛失してしまうとそれだけでがっかりしてしまいますが、ハガキの再発行をしてくれる会社もありますので、「もらった日付」「もらったカタログ名」「誰からもらったのか」を確認して問い合わせてみましょう。

カタログ会社によって有効期限や対応は変わりますので、もらったらまずはいつまで交換できるのか確認して、ハガキも失くさないように大事に保管しておいて下さいね。

まとめ

カタログギフトは価格帯も取り扱い内容も本当に様々です。

決められずに迷い続けて「うっかり期限が切れてしまった!」なんてことのないように気をつけながら、カタログチェックを楽しんで、欲しいものを探してみて下さいね。

スポンサーリンク

 - ギフト