ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

京都で白味噌雑煮の店と言えば中村軒!美味しい和菓子は手土産に!

   

京都の白味噌のお雑煮が食べたい。

雑煮と言ったら白味噌だ!

テレビや雑誌でみた白味噌雑煮ってどんな味がするんだろう?!

……と気になる方もいるのではないでしょうか。

幾つかお店はありますが、その中でも一等好きな中村軒さんで頂いて来ましたよ。

冬の時期に京都に遊びに行くなら、ぜひ足を伸ばして味わってみて下さいね。

スポンサーリンク

京都で白味噌雑煮が食べたくなったら行きたい店

旅行雑誌などでも定番だと思いますが、中村軒の名前はよく見かけるのではないでしょうか。

夏のかき氷も多彩ですが、私にはなによりご褒美「白味噌雑煮」が好きで好きで大好きでして、冬の時期にふらりとお伺いしています。

営業時間
販売7:30~18:00
茶店9:30~18:00(ラストオーダー17:45)
定休日:水曜日(祝日営業)

場所は下記の地図を参考にどうぞ。

徒歩なら阪急桂駅から歩くのが一番行きやすいでしょう。大体約15分ほどは歩くでしょうか。

目印にするなら桂離宮のすぐそば!と覚えておけば分かりやすいと思います。

西大路駅ならその先に京都駅、そして水族館や鉄道博物館もあるので、一緒に立ち寄りやすい……かな?

阪急を使って嵐山の散策後によく出かけてます。

中村軒で雑煮を頂いてきました

お雑煮は冬メニュー、そして12月~2月末までの限定です。(時期は多少前後しているので、訪問前にお店のおしらせを見ておくのがおすすめ!)

朝一番に出かけていくのが静かで好きなので、9:30に到着できるように歩きます。

到着したらお店の方に「茶店の方いいですか?」と聞いてから奥の座敷の席へ向かいます。さらに奥にはテーブル席もあるので、楽に座れるところを選んで美味しい和菓子や軽食が楽しめるのも嬉しいトコロ。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

寒い時にはあったかいお茶がとても落ち着きます。

選ぶメニューは雑煮一択。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

ぜんざいとかそうめん、にゅうめん、鰻茶漬けなどなどたくさんありますので、お腹に余裕があれば他のメニューもぜひ。

朝一だと小一時間ほど静かにぼんやりしながら過ごせます。天国です。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

持ってきて下さった雑煮は、頂く前からほのかに漂うおだしと味噌の甘い香りが堪りません。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

このとろりとしたお汁が本当に美味しいのです。語彙が足りていないのは百も承知ですが、美味しい。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

お芋さんもむっちりもっちりしていて、もっと食べたくなります。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

お餅も「餅は餅屋」が納得の味です。よく伸びて柔らかくて、お餅追加できたらなあ……なんて思ってしまうぐらいです。

かつお節も添えられていまして、カバーがかけられています。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

じっくり眺めて読みながら。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

カバーを外すとたっぷりのかつお節。かけるタイミングはいつでも、自分の好きな時に!そのまま食べても美味しいですよ。

ゆっくりのんびり食べていますが、でも時間をかけすぎると冷めてしまうので、「美味しい、でも後もう一口二口でなくなるのがもったいない」と唸りながら食べています(笑)。

雑煮を食べられるお店は、銀閣寺の近くにも:哲学の道の近くのきみやさんで、白味噌雑煮を食べました。


スポンサーリンク

中村軒の美味しい和菓子は手土産にぴったり

雑煮を食べて「ご馳走様でした!」と手を合わせてお茶を飲んで一息ついたら、お代金を支払う前に持ち帰りでお菓子も店頭で幾つか選びます。

通年で作られているお菓子と、時期によって変わるお菓子があるので、「あれもこれも」とお願いしてしまうのですよね。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

麦代餅は通常サイズと小さいミニもあります。しそ餅やお饅頭などなど、どれも食べたいけれども賞味期限のこともあるので買いすぎないようにと気をつけて今回は5種類。

包装してもらう間は囲炉裏を眺めてました。

京都 白味噌 雑煮 店 中村軒 手土産

店先で食べることもできるので、囲炉裏でぬくぬくしながら人や自動車の往来を眺めるのもまた、乙なひとときです。

まとめ

白味噌雑煮が食べたくなったらいそいそと出かける中村軒。

桂離宮のすぐ近くなので、訪問後にゆっくりお茶を頂いて、話に花を咲かせるのもよいかと。

京都は見所がありすぎてどこに行こうかと迷いますが、「美味しいお菓子を食べながらのんびりしたい!」と思ったら足を伸ばしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 京都, 食べ歩き