ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

嵐山の天龍寺の紅葉を見に早朝参拝の庭園へ!癒される風景が見どころ!

      2018/02/25

嵐山の天龍寺の曹源池庭園の早朝拝観をしているのを知り、これは「是が非でも行かなくては!」と早朝好きなので出かけることにしました。

晩秋ぐらいの頃を選んで空気も澄み渡る中、朝早くから出かければゆったりと混雑もなく、静かに散り行くなごりの紅葉を楽しむことが出来ましたよ。

スポンサーリンク

天龍寺の紅葉が早朝から拝観できる!

天龍寺の参拝時間ですが、

  • 一般
    ・8時30分から17時30分
    北門は17時に閉門
  • 10月21日から3月20日
    ・8時30分から17時
    北門は16時30分に閉門

になっています。

早朝拝観の場合には曹源池庭園になんと7時30分から拝観ができるのです。

日中10時ぐらいになるとかなりの混雑だとありましたので、早朝の静かな時間が好きな自分にとっては行くしかありませんでした。

場所は嵐電嵐山駅が一番近くなります。

今回は12月初めに出かけてきましたが、到着したのが7時前ぐらい。

いつもながら早朝はほぼ人のいない閑散とした嵐電嵐山駅です(笑)
天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺

やはり6~7時台は春の桜の時期も秋の紅葉の頃も

あまり観光客の方はいないようです。

(でもお店も全く開いていないのでその点どうぞご注意下さい)

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
運よく晴れてくれたので気分よく歩けます。

11月12月となると、晴れていても京都はかなり寒いので暖かい格好でおでかけして下さいね!

さて、天龍寺の方へと歩いていきますと、とても分かりやすく早朝拝観の案内がありました。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺

時期が12月という拝観も最終時期の頃だけに紅葉は「なごり」の状態だそうです。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
さくさくと境内を歩きますが、受付まで行くのが結構遠かったりします。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
誰もいないので、砂利を踏みしめ進みます。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
秋だなと、しみじみ。朝日より夕焼けな気分になります。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
受付に行くまでの景色も綺麗なのでつい立ち止まって見てしまいます。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
空には雲一つなく、紅葉がよく映えます。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
ようやく受付近くに到着しましたが、7時過ぎぐらいなので開いていません。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
がっちり堅く閉められています。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
料金を確認していたらここで北門?と思ったのですが、後で調べてみたら竹林の所からも拝観できると知って驚きでした。

いつも早朝に歩いているので8時30分とかだと、もう竹林散策を終えて違うところに移動してたりするのですよね……(苦笑)

それはさておき、さすがに早朝なので受付周辺も混雑していなかったのですが、7時10~20分ぐらいとなるとぼちぼちと他の参拝されるであろう方も増え始めていました。

受付にスタッフが来られたのは7時30分ちょっと前ぐらいだったでしょうか。

時間がきたら拝観料を払って開いた門をくぐり抜けました。

開門の時間にそれほど列はできてはいなかったようですが、やはり紅葉の見頃のピークの時期(11月半ばぐらい?)だともっと観光に来られる方は多いのではないかなと思います。

天龍寺の庭園の見どころは?

さて、開門して思い切り朝の空気を気分よく吸いながら、まず写真を一つ。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺

雑誌でもよく見るような、曹源池庭園の池です。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
空気は冷たいですが風が全くなかったので、

自分でもちょっと写真が上手くなったような気持ちにさせてくれます。

みどころはどこだ?!

……と言われたら素で「全部見ましょう」とオススメしたくなるほどです。

庭園の方にまっすぐ行こうとすると他の方がそちらに行かれて混雑してきそうだなと思ったので、何となく人のいない方にふらりと行ってみました。

どうやらそれが功を奏したらしいです。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
人のいない道をてくてく散策満喫できました。

多分知らないうちに西側の「紅葉のトンネル」とも呼ばれているところを歩いていたようでした。
天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺早起きは三文の徳、というものでしょうか。有難いことです。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺とにかく紅葉が朝の光を受けてきらきら輝いているのにじんわりと目を細めて眺めてました。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺朝日にとにかく弱いのです。いつまでも眺めていられます。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺冬は空気が澄んでいるのでより一層きらめいて見えます。

それと、歩きながら枝垂桜の木を幾つか見かけまして。
天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
秋だから当然ながら葉も落ちているわけですが、絶対にこれは春の桜の時期も幸せになれそうだ……!と確信しました。

春の桜の時期はよく雨が降るので時期を見極めるのが難しいですが、また訪れてみたくなりました。いえ、行くしかない、と思いました。

春の桜の時期の嵐山の朝のお散歩記事もどうぞ!

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺カエルが鎮座していますよ……?(なぜかお賽銭が投げてある)

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺とにかく朝日に喜ぶ(笑)。光合成にもってこいです。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺途中、このような巨大な硯石もあります。

拝むと書画が上手くなるのだとか。

冬の書初め前に拝観しにくるのもいいのかも知れませんね。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺竹林がすぐ近くにあると言うのもよく分かります。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺この先に来た門がありますが、開門時間ではないので開いていません。

ここからも出られたらいいのですが後30分近くあります。

一通りぐるりと歩いて、また池の方へと戻ってきました天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺

早朝拝観だと殆ど他の方もいらっしゃらないので、静寂の中をゆったりと歩けたのが良かったです。

8時を過ぎる頃にはそれなりに人出もあったようですが、それでもまだ混雑と言うほどでもありませんでした。

ただ、あくまで早朝拝観できるのは「曹源池庭園のみ」なので、大方丈や多宝殿、書院も見たいなら通常通りの時間に参拝しに行く方が良さそうです。

大方丈で正座して池を眺めるのもまた、素晴らしい景色だろうなあ。


スポンサーリンク

天龍寺の周辺にも紅葉スポットはたくさんあります

さて、大満足で曹源池庭園の拝観を終えて次は野宮神社へ行く事にしました。

天龍寺からもすぐ近くなので、竹林を抜けてすぐそこにあります。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
野宮神社の紅葉もどことなく色がやや抜けていて淡い黄色の「なごり」の雰囲気。

奥の苔むしたところでぼんやりするのもおすすめです。

他にも、近くならトロッコ嵐山駅もあるのでトロッコに乗るのも楽しいです。

ゆっくり歩きたいなら足を伸ばして大沢池まで行ってみて下さい。

近くには渡月橋や竹林を歩いていくと嵐山公園(亀山地区)の方へと出ますので、のんびりお散歩を堪能できるでしょう。

天龍寺 紅葉 早朝 庭園 見どころ 周辺
好きなので月読神社も松尾大社の方へ行くときに一緒に歩いて出かけてます。

嵐山はぶらりと歩いているだけでも楽しいので、目的を決めずにそぞろ歩きをするのもひっそりとおすすめしますよー!

まとめ

嵐山駅からもアクセス便利なところにある天龍寺。

紅葉の綺麗な時期には曹源池庭園が早朝拝観できるので、静かに混雑のない時間に名勝を堪能したい!という方には心地よい時間を過ごせるのではないでしょうか。

嵐山は周辺にも紅葉が楽しめるスポットはたくさんありますので、上手に計画を立てて秋の京都を楽しんできて下さいね。

朝の空気が冷たくてしゃっきり目が覚めますよ。

スポンサーリンク

 - 京都 , ,