ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

桜餅は関東と関西で違う?道明寺と長命寺の境界は?販売時期はいつ?

   

春がようやくやってきたと思えてくる、淡いピンクが目に鮮やかな桜餅。

食べるのが楽しみですが、関東の長命寺と関西の道明寺では見た目が全く違って驚かされませんか?

最近は全国で両方とも見かけるようになりましたが、販売される時期も春先だけというお店もありますから、ぜひとも食べ比べて見て下さいね。

お花見の時期にのんびりとお茶と一緒に頂くのも、乙なものですよ。

スポンサーリンク

桜餅は関東と関西で種類が違う!?

出身地によって食べ物の内容が違うのはよくありますが、桜餅も大きく分ければと関東と関西で違っているのですから驚きますよね。

同じ「桜餅」と呼んでいても、実は頭の中で思い描いている姿はお友達や同僚たちと、全く違っているかもしれないですよ。

関東の場合

関東風桜餅、長命寺餅とも呼ばれます。

こちらはお江戸生まれの桜餅で、東京は隅田川の向島にある長命寺のお寺の門前で作り始めたお店があることからと呼ばれています。

実際にお店が東京にあるので、桜を見に旅行等で出かけた時には立ち寄るのも良いですね。店内でも食べられますので、休憩にもぴったりです。

長命寺は見た目は薄いクレープのような生地で作った皮にさらりとしたこし餡を包んでいて、その上から桜の葉を巻いています。

生地の材料は主に小麦粉ですが、白玉粉や餅粉、上新粉を使ってしっとりもっちりとした歯ざわりに仕上げてあります。

使う桜の葉の枚数は、多ければたっぷりと三枚も使用されていて、爽やかな香りが辺りに漂います。

よく見かけるのは、ほんのり桜色に色づいた皮の上から一枚の葉で包んでいる姿でしょうか。

関西の場合

関西風桜餅、道明寺餅とも呼ばれています。

こちらも「道明寺」とお寺の名前がついているのですが、門前で販売をしたというよりは「道明寺粉」を用いて作ったお餅なのでそう呼ばれているのだとか。

粒々として弾力のある食感が美味しく、何個でも食べられそうです。桜の葉は多くても2枚で、大抵は一枚の葉にくるりと丸いお餅が巻かれています。

作っている場所自体は京都で作られることが多かったので「上方風桜餅」と呼ばれることもあります。

見慣れていない方だと「桃色のおはぎ?」に見えてしまうかもしれませんね。

道明寺粉そのものは、水に浸して蒸した餅粉を干してから粗めに引いて作られています。

ちなみに、大阪の藤井寺市に道明寺があってそちらで道明寺糒(ほしい)/道明寺粉が1本1000円で販売されているので、入手して桜餅の手作りをしてみるのもいいかも?

桜餅の関東と関西の境界はどの辺り?

いろんな人に桜餅のことを聞いていると気になってくるのが「どの辺りから関東風、関西風を食べているのだろう」という境界線ではないでしょうか。

名前の通り大きく分けると関東、関西と分けられます。

さらに細かく見ていくと、道明寺は西日本や中部地方、北海道と広範囲で親しまれています。

関東はほぼ桜餅と言えば長命寺!というぐらい当たり前で、東北の桜餅は両方が半々で食べられています。

島根県は西日本ですが、参勤交代のときに持ち込まれたとされていて長命寺が一般的になっています。

今は両方取り扱うお店もありますし、百貨店などの催事で桜餅も道明寺や長命寺とそれぞれの地域で見かけますから、そのうち垣根もなくなってしまうかもしれませんね。


スポンサーリンク

桜餅の販売される時期は?

桜餅の販売される時期としては、スーパーの和菓子コーナーを見に行くと通年で見かけたりするほどポピュラーな和菓子でもあります。

旬の味として楽しむのも風情がありますから、和菓子屋さんについつい行きたくなってしまいます。

和菓子店で買い求めるとなると、春先のお菓子ということで2~4月ぐらいに出回りますので、こまめに立ち寄ってみて下さい。

特にひな祭りの前後の時期だとかなりのお店で見かけるのではないでしょうか。

4月と言っても上旬ぐらいまでで、桜が散って葉桜になる頃には販売も終わっていると思っていいでしょう。

日持ちがあまりせず、賞味期限は当日のみというお店も多いです。

出回る時期はどこでも見かけますし、お値段もお手頃なので「そのうち食べよう」と思って油断をするのは禁物です。

いつの間にかカレンダーを数枚めくって、初夏や梅雨を迎える和菓子に変わっていて(柏餅とか……)時期を逃してまた来年、なんてこともありますのでくれぐれもご注意下さい。

私は桜の花そのものが好きでして、1月も終わる頃になるとそわそわしながら一足早く桜を楽しまねば!と思っていそいそ和菓子屋さんに出かけてます。

まとめ

美味しい桜餅も関東と関西で違う!

ちょっとしたことではありますが、分かると何だか新鮮ですよね。

長命寺も道明寺も、どちらも優しい色合いと優美な姿はもちろん、味も甲乙つけがたいです。

この時期だからこそ食べられる桜餅は両方食べると決めています(笑)。

忙しい時期でもありますから、ゆっくり美味しい桜餅を食べながら穏やかな春をお過ごし下さいね。

スポンサーリンク

 - 春の行事