ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

五月人形は誰が買う?兜のお下がりはダメ?どんなしきたりがあるの?

   

大切なお子さんを守ってくれる五月人形。

こいのぼりや兜など、どちらの親が買うのかと祝ってもらう方としては気にかけてくれるその気持ちだけでも有難いものです。

核家族も増えている中で考え方も変化してきていますが、やはりこれまでのしきたり、風習も無碍にはできませんよね。

小さなお子さんの健やかな成長を祈って贈られるものですから、皆の思い出に残るように準備していきましょう!

スポンサーリンク

五月人形は誰が買う?どっちの親?

とにかく五月人形を準備する時に勃発しやすいことの一つに「誰が買う?!」ということがよく挙げられます。

全国でいろんなしきたりがあるので一概には言えない部分もありますが、大体の地方で一般的には「お嫁さんの実家側が用意する」という風になっていることが殆どです。

五月人形や兜、雛人形なども全部「お嫁さん側」というところもあれば、夫婦の実家それぞれや親戚で、武者人形や張子虎、登旗などの飾りを分担して準備することもあります。

内飾り(五月人形)は夫側、外飾り(こいのぼりなど)はお嫁さん側という場合もあるのですが、近年は住宅事情の兼ね合いもあって外飾りは省略されることも出てきています。

男の子の場合は「跡継ぎ」の考えも根強いですから、嫁いだ先である夫側の方で準備をしてくれることも少なくありません。

時には、お嫁さんのご両親がいろいろ娘さんのために気にかけて奔走してくれるのも嬉しいですが、嫁いだら「実家の両親より嫁ぎ先に従う」と、それこそしきたりに従ってお祝いを進めていくことも多々あります。

どちらが買う?と決め付けてしまうのではなく、経済状態なども鑑みて時にはどちらかの親が購入するのではなく、お子さんの親である「夫婦自分たちで買いたい」というご家庭も増えてきています。

ご主人を通して夫側の両親を立てつつ、上手く双方の橋渡しをしながらコミュニケーションを取ってお祝いの準備を進めていきましょう。

兜や五月人形はお下がりではダメ?

誰が買うのか、そもそも買うか買わないかと五月人形でバタバタと慌しく過ごすことも出てきますが、時には長く大切にしてきた旦那さまやそのお父さまの人形や兜を「譲ろうか」と厚意で申し出てきてくれることもあります。

お人形も高価ですから、両親たちの援助は嬉しいものの、やはり申し訳なく思う気持ちも出てくるでしょう。

また、お人形は男の子の場合でも厄除けの意味があるため一人につき一つ用意するものと言われているので、お下がりやお古で用意してもらうのはいいのだろうかと迷ってしまうのではないでしょうか。

気にならないようであれば、これまでの伝統を受け継ぐと言う気持ちで代々引き継いできた五月人形を譲り受けるのも素敵な考えです。

もし譲る受けるのであれば、頂いた人形はご家庭に飾る事になりますので、ある程度スペースがあるかも見ておくと良いでしょう。

自分たちで新しいものを準備したいけれども、受け継ぐ人形や兜があるので受け取ることになる場合は、別途小さいものを新しく準備する事もあります。

臨機応変に両親や自分たちの気持ちも大切にしながら、「引き継ぐ」という選択肢があるならそれを選ぶのも良いのではないでしょうか。


スポンサーリンク

五月人形を用意する時のしきたりって?

一昔前は「誰が買うのだ?!」と一悶着起きそうなぐらいでしたが、近年は「飾るのはまだしも、節句が終わった後の片付けが大変」だったり、「保管スペースがなくて購入を躊躇ってしまう」ということもよくあります。

地域によっては五月人形などを買わないというようなシンプルな家庭もありますので、昔ながらの行事も大切にしつつ、必要なのかどうかを夫婦や両親たちとも話し合えると良いですよね。

しきたりという名の型にはめることなく、買ってくれる方がいるならその気持ちに甘えるのも本当に素晴らしいことですし、特になければ自分たち夫婦で可愛いお子さんのために、小さなものでも用意してあげるというのでもいいのです。

スポンサーはおじいちゃんおばあちゃんで、実際に人形を選ぶのはその住宅や好みに合ったものを選びたいと決定権がおかあさんにあることも。

時代に合わせて変化を感じることもあると思いますが、ちょっとしたお祝いの席を設けて写真を撮ってアルバムやフォトフレームにしてお返しするなど、思い出に残るひとときを過ごせるなら、それが一番なのかもしれません。

まとめ

節句のお祝いは準備をするだけでも本当に一苦労です。

たかが人形、されど人形ではありますが、対応次第で禍根を残す事もあれば、「お祝いができてよかった」と幸せな時間にもなります。

しきたりを重視しているお家なのか、それともいまどきの感覚で特に触れないお家では全然違います。

夫婦で相談しながら、時には旦那さんからご両親に相談したり、自分の実家とも話し合って素敵な五月人形を用意してお子さんの未来を祝福してあげて下さいね。

スポンサーリンク

 - 春の行事