ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

一人暮らしで風邪だと動けない!病院に行くか迷う?ご飯は食べやすいものを食べよう

   

一人暮らしを始めて風邪を引くと、頭痛や熱で頭も回らず、どうしたらよいのか分からなくなりませんか。

特に実家から出たばかりの頃は、生活そのものに慣れていなくて心細くて不安でいっぱいです。

日頃から予防をしていても風邪になることは誰でもあります。

早く元気になるためにも、体をゆっくり休めつつ一つずつ対処していきましょうね。

スポンサーリンク

一人暮らしで風邪を引いて動けないときはどうする?

実家にいた時は風邪を引いていても家族が看病してくれていましたが、一人暮らしだとそうはいきません。

目が覚めたら頭がぼんやりとしていて体も重くて動かない……

となると、それだけでもものすごく気持ちが焦ってきます。異変を感じて「もしかすると風邪?」と思っても、ベッドから体を起こせないときもあります。

実際問題、熱が出てきたときには体を起こすのも一苦労です。

高熱だったりしたら布団から出るのもつらくて、手足を動かすのもやっとなぐらい。

学校や会社などの勤務先には「風邪を引いた」と病気、体調不良であることを伝えないといけません。無断欠勤にならないように、所属しているところに合わせた所定の連絡は必ずしておきましょう。(というか、連絡なしだと会社等からTELが来るはず)

スマートフォンのアラーム機能を目覚ましにしている方も多いので(私もです!)、連絡手段、ツールを普段から枕元や手の届く範囲に置いておくと楽ですよ。

「お休みします」と連絡を入れた後は、無理せず何とか動けそうな状態になるまで横になっておきましょう。水分だけでも取れれば取ってくと風邪の時は幾分かは楽になります。

風邪で病院に行くのは迷う!?

動けるようになるまで無理せず休むのはいいのですが、連絡をした時には上司や同僚から「病院に行った?」「早めに受診して薬もらうんだよ!」と皆心配してくれます。

気遣ってくれるのは有難いものの、「動けません……どうやって行ったらいいですか……」と力なく呟きそうになりますが、言われたときはぐっと堪えて「有難うございます……」と感謝しておきましょう。

行くか行かないか、どうする?

病院に行ってまたウイルスもらったりしたらどうしよう。行くならどのタイミングで行くとよいのか、迷うことばかりですよね。

お勤めの会社によっては診断書や領収書などが必要なこともあるので、休む連絡をした時に聞いておくとよいでしょう。

私の場合はインフルエンザの時期であれば、熱もほぼ下がって動けるようになってから念のため検査をしてもらいに病院に出かけました。鼻にずぼっと長い綿棒を突っ込まれたときには、驚きで目が覚めましたね(笑)。そしてインフルではない結果にほっとして、抗生物質や頓服の処方箋をもらって薬局によってからスポーツドリンクを購入して帰宅しました。

行くなら何科?

内科または耳鼻科が選択肢になります。

近くにある行きやすい方の病院でもよいですし、症状に合わせて熱なら内科、鼻水やのど、咳が気になるなら耳鼻科で診てもらいましょう。

どんな手段で行く?

病気になったときに病院に行くのはこれまた一苦労どころの話ではありません。誰か送り迎えをしてくれる方がいるなら頼った方がいいですが、それもできないのが一人暮らしのつらいトコロ。

  • 徒歩
    行ける範囲であれば歩いていけばお金もかからないです。が、やっぱり無理は禁物です。
  • タクシー
    正直高いと思ってしまうので使うのをためらいがちですが、確実に到着できますし、楽です。TELをするときに「風邪で病院に行きたい」と伝えておくとお互いに安心して移動できます。
  • 救急車
    最後の手段です。救急車を使った方がよいのかの判断に迷ったときには、東京、大阪など使える地域はまだ限られていますが、電話なら「#7119」があります。風邪だけではなくて、他の病気やケガでもアドバイスしてくれますし、必要に応じてそのまま救急車も手配してくれます。ただし通話料はかかります。上記が使えない時には119にかけて救急車が必要かどうかを相談してみましょう。

    緊急度を自身で判定するための救急受診ガイドもできているので活用してみて下さいね。

病院からの帰宅手段は、やっぱり徒歩かタクシーとなりますので、タクシーだーぐらいは財布に入れておかないといけないかな、と思う今日この頃です。


スポンサーリンク

風邪のときのご飯は食べやすいものを食べよう

休息をとって、病院にも行って検査もして、薬も手に入れた!

となれば、だいぶ体も心も楽になってきて「お腹空いたな……」と思えてくるのではないでしょうか。

ご飯を食べる気力が出てくればようやく一安心ですが、食べると言ってもいつもと同じように「しっかりがっつりこってり!」というのはまだ体が受け付けてくれないものです。

ごはんも食べやすいものを選んで、量も腹八分目ぐらいの程よいぐらいにしておくと胃に負担もかけず、薬を飲んだ後も眠りにつきやすいです。

コンビニやスーパーでもレトルトのおかゆがありますし、消化の良いうどん系(野菜たっぷり鍋焼きうどんがおすすめ)もいろいろあるのでその辺りが値段もお手頃なのでおすすめです。卵もあれば一緒に買って入れてしまえば栄養価もアップです。

空腹は感じていても、まだそこまで食べられそうにないなら、ゼリーや果物、ヨーグルト、プリンやバニラアイス、風邪のお供のスポーツドリンクを購入してみて下さい。

一気に食べようとするとむせたり戻したりすることもあるので、少しずつ食べていきましょう。

風邪の時の王道、桃缶も普段なら「なんて贅沢だろう……!!」とどきどきしますが、体調を崩した時ぐらいは、お気に入りのデザートを手に取ってもいいかもしれませんね。

まとめ

一人暮らしで風邪を引いた時には「治るのかなぁ」と心細くて不安になってきたりもします。

動けないときに連絡をするのも大変ですが、最低限会社や学校に自分の状態を伝えたら後はゆっくり休みましょう。

自分の状態に合わせて病院に出かけて受診したり、食事も準備して食べて下さいね。

無理はせずに、ゆっくり休んでどうぞお大事に……!

スポンサーリンク

 - 日常生活