ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ドラゴンフルーツの食べ方や切り方!皮ごと食べられる?日持ちする?

   

八百屋さんで野菜を眺めていたら豪快に段ボールに放り込まれていたドラゴンフルーツ。

一個150円と安かったので、物珍しさに負けてつい買ってしまいました。

手に取りながら、「どこかで見たような気がする……?」と思ったらそう、カフェメニューで見かけたピタヤボウルに使われてた、ピタヤのことなのですよね。

特徴的な色や形が印象的なこの果物。

いざ自分で買ってきて食べるとなると食べ方が分からなくて困りましたが、「果物は切ったら食べられるだろう」ということで、さくさくカットして食べてみることにしました。

スポンサーリンク

ドラゴンフルーツの食べ方や切り方

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

手で持ってみてもあまり重たくありません。ところどころについている皮の緑の部分が気になりますが、持った感触はそれほど硬くなかったりします。

最初は「追熟した方がいいのかな?」と思ったのですが、ドラゴンフルーツはお店で売られている時点で食べごろらしいので、急いで食べることにしました。

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

二分割するために、少しずつ包丁を入れます。上の部分としたの部分がちょっと硬いところがあって包丁が入れにくかったので、カットの際には実が滑らないように気をつけて下さいね。

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

勢いよく一刀両断とはいきませんが、真っ二つにしてみました。

完熟しているとするっと皮も手でむくことができるそうですが、さすがにそこまで熟したものには中々会えません。

皮は赤い部分もあるけれど、中身は白い。赤い方のドラゴンフルーツも手に入れば食べてみたいですね。

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

よく見ると水分が。滴り落ちるほどではないですけれど、水分補給にも良さそうです。このびっしり粒々が入っているのがかなり心そそられると言いますか、ワクワクします(笑)

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

半分に割ったものの一つをさらにカットしていきます。右下のものは、皮に添って切れ目を入れて外してから……頑張ってカットに挑んでみたのですが惨敗です。

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

皮が思っていたより柔らかいので上手にカットできてない雰囲気抜群です。下手ですいません。

このまま食べてみましたが、割と「薄味で酸味の弱いキウイ?」とか「ライチに種の粒々食感を加えたような感じ?」と表現したくなるような味でした。薄甘酸っぱい。

爽やかでさっぱりしていて甘みもそんなにないので、「甘すぎるのは苦手」という方にも良さそう。アタリハズレもあるらしいですが、確かにサラダとかに入れても違和感のない味だと思えました。

カットするのが想像以上に難しかったので、残ったものは「スプーンですくって食べた方が早いな!」という結論に達してもぐもぐ食べきりました。お家で食べる分には半分にしてスプーンで頂く方が楽そうです。

輪切りも綺麗でいいよ、という話を聞いたので今度また買ってきてやってみます(笑)。結構一つが大きいので朝ごはんとかおやつにもぴったりかな?

ドラゴンフルーツ 食べ方 切り方 皮ごと 日持ち

スプーンもさくっと入るので、食べていて楽しいです。よくドラゴンフルーツを半分にした皮をボートにしている写真とかも見かけますが、どうやって中身をくりぬいているのでしょうね。

綺麗に切るには、練習した方が良さそうだと実感しました。

ドラゴンフルーツって皮ごと食べられるの?

中の白い部分だけではなくて、ピンクの部分やこの皮は食べたらどうするんだろう?と不思議になっていたのですが、こちらもどうやら美味しく頂く事ができるそうです。

実の部分よりもポリフェノールが多いとされているので、美容のために食べるなら丸ごと食べてしまうのが良いのでしょうね。

食べる時には、まず緑色のひらひらした部分は切り取ってからよく洗い、人参や大根みたいな感覚でざくざく食べやすい大きさに切ったら、後は炒め物辺りにしてしまうのが定番の食べ方です。てんぷらにもできるそうなので、見た目も鮮やかで綺麗な一品に仕上がりそうですよ。

私の場合は、カットしたついでに中の実を外して(または食べる)から細く切ってサラダにしてしまいます。生のままの方が栄養も壊れず食べられるかな、なんて思ったので。

皮はさらにしゃきしゃきとした歯ざわりなので、本当に果物と言うより野菜感覚で食べられます。


スポンサーリンク

ドラゴンフルーツは日持ちする?

あまり、日持ちしません。果物ですし、仕方ないですよね……。

乾燥しないよう新聞紙などに包んだり、ビニール袋に入れてから野菜室があればそちら、なければ冷蔵庫に入れて早めに食べて下さいね。

「お店に置いてある時点で食べごろ!」という果物ですから、選ぶ時にしっかり実の状態を見て購入する事が大事です。

できれば小さいものより大きいもの、軽いものより重いもの。

全体がしなびていなくて皮も綺麗でぴんとハリがあるかどうか。

美味しいドラゴンフルーツに当たるかどうかは、どうも運の要素も強いようですが、手に取れそうなら全体をぐるりとよく見て状態を確認して選びましょう!

まとめ

最近はカフェメニューだけでなくスーパーや八百屋さんでも普通に売られているドラゴンフルーツ。

さらりと薄味なので、味が好みだ!とはまったのであれば、幾らでもぱくぱく食べられそうなフルーツです。

食べ方もそれほど難しくないので、手に入りやすいときには適度な水分補給と美容のための間食用に食べてみるのも良いと思いますので、ぜひ楽しんでみて下さいね!

スポンサーリンク

 - 料理, 野菜