ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

挨拶しない人が職場いたら?返事しない理由や心理、対処方法が知りたい!

   

「おはようございます!」と朝一番に職場に来れば挨拶をしますが、その一方で挨拶しない人や返事をしてくれない人もいて、思わず「?」と首を傾げたりすることも。

聞こえていなかったのか、それともわざと挨拶をしてくれなかったのか、それともまた、別の理由があるのか。何も分からず、驚きのあまり呆然としてしまいますよね。

考え方は人それぞれですが、少しでも気持ちが楽になるように対処法を心の引き出しに置いておくと、仕事もしやすくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

挨拶しない人が職場にいる!?

割と能天気だと周囲から指摘される私は(苦笑)、友人から「挨拶してくれない人がいるんだよね……」とランチに出かけた時に愚痴を聞かされました。

私は「挨拶はするものだ」と思っていたので、一瞬何の事か分からずにしばらく考え込んでしまいました。

私「挨拶しない人?おはよう、お疲れ様ですとかがないってこと?」
友人「そう。全く。でもってさ、その人をちょっと観察してたんだけど、挨拶する人を選んでると言うかさ……」
私「えらぶ」
友人「選ぶんだよ」

せめて「皆に無愛想ならここまで悩まないのに!」とあまりにもがっくりとうなだれていたので、かける言葉もすぐに見当たらず、こちらまで悲しくなってしまいました。

どんな人なのかと特徴や行動を聞いてみますと、

  • 私を含む何人かには挨拶しない、無視をしている
  • いつも機嫌が悪そう
  • 人には厳しい
  • 文句が多い
  • 前は少し会話があった(現在は全くない)
  • 人によって態度をあからさまに変える

などなど、聞きながら戦慄して思わず私も逃げたくなりました(どこに?)。

返事しないの理由や心理がすごく知りたい!

考え方や性格は人それぞれではあるものの、私も友人も「挨拶はするもの」というのが当たり前だったので、今度は逆に「挨拶しない、返事しないっていう理由は何だろう?」と疑問がむくむく湧いてきました。

二人して「ああでもない、こうでもない」と頭を捻ってナプキンにボールペンでメモ。

返事しない、挨拶しない理由や心理って?

・体調不良だ
・疲労困憊だ
・聞こえなかった(こちらの声が小さかった)
・元々挨拶が習慣ではない
・自分への挨拶だと思っていない
・返事をしようとしてくれたが、返すタイミングに失敗した
・考え事をしている
・集中して仕事や作業をしている
・関わろうと思っていない(お互い様?)
・嫉妬されている(こちらは気にしていなくても何か相手の気に触ることがあった?)
・嫌われている(つらい)
・眼中にない(つらい)

と、つらつらナプキンが真っ黒になるまで書き潰したのですが、結局分からずじまいでした。とはいえ、本人に聞いてみようにもスルーされそうですし、お手上げです。

私「挨拶するから挨拶しない理由って、想像してもよく分かんないね……」
友人「そうなんだよね……理由が分かれば納得できるのかなって思うんだけど共感できないや」
私「確かに」

人に対しての好悪は誰でもあるし、自分たちも第三者から見たらおそらく完璧にできてない。

とりあえず、自分たちは挨拶した方が良いと思っているから挨拶もするし、返すし、気づけるようにしたい。という事で落ち着きました。


スポンサーリンク

挨拶しない人への対処はどうしたらいいの?

「でもね~。挨拶してるのに返ってこないって、地味に傷つくんだな」

と肩を落としている友人。

どう対処したら気持ちが楽になるのか、ということに話題が変わりました。

新しいナプキンを出して、考えをまとめるためにメモ開始。思っている事を形にすれば、それだけ少し楽になるような、ならないような。

どう対処する?

・しない人にはしない人の事情がある。尊重しよう。
・きっとシャイなんだよ!
・照れてるんだ、そうに違いない。ツンデレですね?
・そういう習慣の人なのだ。気にしない。(とか言いながらうな垂れる・苦笑)
・人は人、私は私。声かけであって返事を期待してやっているわけではない(返事があればもちろん嬉しいけれど)
・割り切ろう。仕事だけの付き合いなのだ。でも自分は挨拶したいから、しておこう。
・「しない」のではなくて「できない」のだから仕方ない。

などなど。対処方法も挨拶しない理由と被る部分はあるのですが、思いつくままにあれこれ書き付けていきました。

「気にしないでいいよ」とか、自分の気の持ちようだとはいいますが、言い聞かせてみても中々折り合いが付かないですよね。私も多分当事者になったら悶々と苦笑いしながら仕事してそうな気がするので。

真ん中辺りが黒くなったナプキンを丸めて鞄の内ポケットにしまいます。

友人「挨拶は押し付けじゃない、もんね。でもいちいち反応して一喜一憂してしまう自分が悔しい」
私「うーむ、うん。でも私としてはその人のために頭を悩ませる時間がもったいないかなぁ。コーヒーもう一杯飲む?ごちそうするよ」
友人「飲みすぎたらこの後のランチが食べられないよー」
私「よおし。ならばそちらを持とう」
友人「……ありがとう!ありがたく頂く!」
私「食え食えー!元気が一番!」

ご飯食べて元気になってくれるんだったら、1回のおごりぐらい安いもんだ!という事でいつの間にかお茶の時間は終了していました。

少しは元気になってくれていたらよいのですが、友人と一緒の昼ごはんはゆっくり味わって食べてきました!

まとめ

「挨拶は仕事や人間関係の基本」と思う人もいればそうではない人もいる……かも知れないと、答えの出にくい悩みですよね。

その友人以外にも「挨拶の有無」で悩む方はいるようなのが驚きでした。

毎日の仕事で顔を会わせた時の挨拶。

返事は返ってこなかったとしても、自分自身の「挨拶しよう」という気持ちや同じように返してくれる方のために、あまり気にしすぎないで下さいね。

スポンサーリンク

 - 日常生活