ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

6月といえばイベントや行事は何がある?季節の食べ物や風物詩

   

6月と言えばなにがあっただろう。そろそろ梅雨入りしそうだな、と思いながら天気予報を眺め、「祝日がなくてツライ…」なんて思うかもしれませんね。

何か楽しいイベントや行事はないかな?美味しい食べ物あるかな、と思いながら探してみれば意外に6月らしいと感じさせてくれるものにたくさん出会えますよ。

スポンサーリンク

6月のイベントや行事、季節の食べ物や風物詩!

6月と言えば、しとしとと静かに雨が降ってどことなく静かな雰囲気が漂います。

イベントや行事

梅雨

誰もが真っ先に思い浮かびそうですよね。早ければ5月末ぐらいから、そして7月の半ば頃まで雨が降る時期がやってきます。湿気との戦い。洗濯物が乾きにくくて生乾きのニオイとも戦わなくてはいけなくて大変な時期です。でも、緑が濃くてとても美しい時期でもありますね。ただし、食中毒なども増えるのでこれまた要注意…。

入梅

梅雨に合わせて、梅雨の時期に入ることを「入梅」と言います。にゅうばいと読んで、いりうめではないことに驚きでした。6月10日前後ぐらいです。

衣替え

6月には、冬服から夏服に制服が変わりますね。今は6月だと温度だけはすっかり夏の様相なので、湿気と相まってじっとりした暑さです。動きやすい服に着替えてしまいましょう!

夏至

昼間が一番長い日で、二十四節季の一つ。大体6月21、22日頃です。今はあまりお日様がいつ昇って、いつ落ちるのか……ということは気にせず過ごしている事が大半ですが、たまには空を見上げて、お日様を眺めてみるのもよさそうです。

夏越の祓

6月の晦日(30日)に行われる、半年分の穢れを落とす行事です。各地の神社で行われていて、茅を使って作られた輪をくぐる「茅の輪くぐり」も行われています。あっという間に半年経つなんて、早いですよね。

父の日

6月第3日曜日。いつも家族のために頑張ってくれるお父さんに「ありがとう」ですね。

プロポーズの日

6月第1日曜日。プロポーズを考えている方は、この日に大切な人に想いを伝えるのも、よい記念になるのではないでしょうか。

ジューンブライド

行事?ではありませんが、6月の花嫁は幸せになれる。すっかりおなじみになりましたね。

時の記念日

6月10日。日本初の時計の鐘が鳴った日でもあり、時間を大切にしようという意識を持ってほしいという願いを込めて制定されています。祝日のない6月のために祝日にしてはどうかと意見が出ているものの、実現はしていません。

食べ物

たくさんあるので一例となりますが、旬のものを思い切りほお張りたいですね。

野菜

そらまめ
枝豆
アスパラガス

果物

さくらんぼ
びわ

あゆ
きびなご

お菓子

水無月
もしも食べる機会があればぜひ。6月30日、夏越の祓の時に用意されます。

紫陽花
菖蒲
バラ
くちなし

私自身は、真っ直ぐ青空に向かって伸びるタチアオイ(立葵)が大好きです。雨上がりに散歩して瑞々しい木々や草花を眺めるのにも、よい季節になりました。


スポンサーリンク

風物詩

田植え

米好きには嬉しい季節。農家の方、頑張って下さい。有難うございます。と思わずエールを送ってしまいます。9月の稲穂が揺れる時期も素敵ですよね。カエルの鳴き声も、どことなくノスタルジック。

カタツムリ

しとしと雨が降りしきる中、のっそり動くカタツムリ。可愛いです。

雑貨

傘、折り畳み傘
雨から身を守るのも当然ですが、長い傘を持ち歩くのも大変。最近はもっぱら折り畳み傘を鞄に忍ばせて歩いています。晴雨兼用のもの増えたので、便利になりましたね。

梅仕事

梅干しをつけて、梅ジュースを浸けて、梅シロップを作って。大人の方がいらっしゃるなら、梅酒もでしょうか。この時期ならではの、ゆったりした時間です。

最近はあまり見かけなくなりつつありますね。見られる時期も場所も限られつつあるので、あっという間です。

お祭り

貴船祭り(6月1日)、YOSAKOIソーラン祭り(6月上旬)、山王祭、御田植神事など

他にも、6月に誕生日を迎える方もいれば、自分たちだけの記念日があったりするのではないでしょうか。

いろいろ皆で「こんな感じかな?」って話して過ごすのもきっと楽しいですよ。

まとめ

とにかく「雨」一色なイメージの強い6月。

私は他には旅行がしやすい時期(値段や混雑の点から)という月だったりします。

7月、8月になればもっと気温も上がって暑くなりますから、逆に何もない月というのは体力・お財布温存(?)できてよいのかな、なんて思います。

雨も楽しみながら、6月ものんびりお過ごし下さいね。

スポンサーリンク

 - 日常生活