ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

日傘で紫外線対策はどこまで?選ぶ時には良く吟味して併用もして万全に

   

紫外線、まぶしい

暑い日が多くなりましたから、帽子やカーディガン、
手袋だけで紫外線から身を守ろうとするのは大変です。

昔から日傘の利用はありましたが、
最近は男女問わず利用をしている姿を見かけます。

お店に出かければ日傘もたくさんありますので、
選ぼうとしたらどれがいいのか迷ってしまいませんか。

自分に合う日傘を選ぶためには、
どうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク
  

日傘で紫外線対策はどこまでできる?

空から降り注ぐ陽光は気持ちいいものですが、
紫外線も浴びていると思うとどこか影を探してしまいそうになりますよね。

日傘を差すのも定番の紫外線対策となりつつありますが、
どこまでをカバーしてくれるのでしょうか。

傘を広げている範囲をカバーしてくれるので、
そこからはみ出てしまった腕や手足は日光が当たれば
紫外線が当たっている状態です。

それに、上方から降り注いだ日光は地面にも降り注ぎます。
コンクリートの地面や、ビルなどの建物やガラスに当たって反射もしています。
この反射下光は日傘を差していても下から横から差し込んでくるので、
防ぎきれないで当たってしまうのです。

とりあえず日傘さえ差しておけば全て紫外線カットがされているわけでは
ないので注意しましょう。
直射の強い光、紫外線を防いでくれるアイテムだと考えて下さいね。

日傘で紫外線対策をするなら選ぶ時によく吟味を

そうなれば、少しでも効果のありそうな
日傘はどう選べばよいのでしょうか。

お店に出かけたり、ショッピングをしたことがあるなら
遮光やUVカットなどの数値を見て、どれならいいのかと
迷ったことはありませんか?

幾つかポイントをご紹介します。

  • UVカット率
  • 文字通り紫外線をカットしてくれる数値。
    重要な数値なので、高いものを探しましょう。

  • 遮光率
  • 光を遮る数値です。
    数値が大きいほど影も濃くなります。

  • 生地の色や柄
  • これまで黒の方が効果は高いとされていましたが、
    最近は生地にUV加工をしているものも多いので、
    それほど色で差がついたりはしません。

    黒だと熱を吸収するので生地が暑くなりやすいですし、
    白や薄い色の方が反射しやすい分涼しく感じられます。

  • 生地の厚み
  • 厚いと紫外線を透過しにくくなるので防ぎやすくなりますが、
    暑くなればその分傘自体が重くなったりもします。

選ぶ時のポイントとしては、
「日傘に何を求めているのか」
をもう一度考えることです。

機能性が高いほどデザインは物足りなくなる傾向にありますので、
差していておしゃれさも欲しいなら紫外線カットは
やや妥協しなくてはならないこともあります。

紫外線をしっかり避けたいならUVカット率が高いものを選び、
紫外線も程よく防ぎつつ涼しさも追求したいなら、
遮光率がどれぐらいあるのかを見て選んでいきましょう。

スポンサーリンク

日傘の紫外線対策するなら他のアイテムも併用しましょう

日傘です

そして、忘れてはいけないのが
日傘だけでは守り切れていない部分の対策です。

地面や壁などの反射で浴びる紫外線も、
小さいながらも蓄積すれば大きなダメージです。

日傘選びの時に、内側の生地も良く見て下さい。
濃い色だと光を吸収しますが、薄い色だと反射しますから
内側の生地も考慮して選びましょう。

それ以外にも、日焼け止めを塗るのもいいですし、
カーディガンなどの他のUV雑貨も併用しましょう。
組み合わせていくことで、最大限の紫外線効果を発揮することが出来ます。

まとめ

紫外線も昔は美容のために避けていた方が殆どでしたが、
今はがんや皮膚病の原因ともなりますし、日光アレルギーの方も増えてきています。

天気がよい時の直射日光から受ける紫外線の量は
想像している以上に多いです。
肌トラブルが出てきてから対策をしようと思っても、
間に合わなくて肩を落とすことになるでしょう。

自分や家族の美容や健康のために、普段の紫外線ケアに日傘も加えて、
お天気の日も快適に過ごせるように工夫してくださいね。

スポンサーリンク

 - 紫外線