ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ジップロックの袋は再利用する?衛生面に気をつけた洗い方と乾かし方

   

作り置きや食材の保存に大活躍するジップロック。

一度使ったらその便利さに手放せなくなること請け合いです。

しっかりとした丈夫な造りなので、節約やエコの観点から考えても使い捨てるにはもったいない気持ちになるのも当然です。

衛生面にも気をつけながら、再利用している方も一定数いますので、どんな洗い方や干し方をしているのか参考にしながら、上手に使いこなしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ジップロックの袋は再利用する?使い捨て?

料理のお供、保存に便利なジップロック。

ゆで野菜を保存したり、肉や魚を小分けしてフリージングするなど、一度使ったら手放せない!という方も多いですよね。

厚みもあってしっかりと丈夫な造りをしていることもあって、ぽいっと使い捨てるにはもったいないと思う事は一度や二度ではないでしょう。

「再利用してもいいかな?」

と節約のため、環境のため、上手く使えないかなと思案してしまいますよね。

製造元のメーカーさんとしては、Q&Aに食品を入れる場合には衛生上使い捨てをおすすめされていますので、基本的には「使い捨て」になります。

再利用されている方も大勢いて、「破れるまで!」「2~3回ぐらい」と考え方、ライフスタイルに合わせたご意見があります。

もちろん衛生面に気を使った上で工夫されているので、自己責任とはなりますが、参考にしながら再利用の判断に活用してみて下さいね。

例えばですが、

  • ジップロックに直接入れるのではなく、ラップやビニール袋に小分けしてから入れる
  • 野菜→肉、魚というように、入れる順番を考える
  • 乾物は乾物だけ、生もの、油物、汁物に使ったら捨てる

と、汚れやすいものに再利用したり、臭いが気になる食材や、洗い難いものを入れたら、そこで使い切って捨てる、という感じです。

ジップロックの再利用するときの洗い方

綺麗に使うための洗い方ですが、

  • それほど汚れていない時はさっと水洗い程度
  • 気になる汚れがあれば、裏返して洗剤を含ませたスポンジでしっかり隅までよく洗い、泡も落ちるようにきちんと洗いながす
  • 洗剤を溶かしたぬるま湯につけ置きしてからしっかりすすぐ

袋の形状上、どうしても角っこの部分に汚れが溜まりますし、綺麗に洗っても泡やすすぎ残しができやすいので、丁寧に洗って下さいね。

洗った後に袋が変形しない程度の熱いお湯ですすいでから、よく水気を切っておくと乾かしやすいです。

洗いにくくて使いにくいそうだな、と思う時も捨てるタイミングになりますね。


スポンサーリンク

ジップロックの再利用で乾かし方はどうやってるの?

しっかりと洗った後は、使えるように乾燥させましょう。

  • 布巾かけにかけておく
  • ペットボトルに挿しておく
  • ハンガー(洗濯ばさみ)でつって乾かす

など、何かにかけておくと乾かしやすいです。

室内か室外のどちらがいいのかも悩みどころですが、外に干すとチリやホコリもくっつくのでなるべく室内で干すことをおすすめします。

乾かした後の収納は、クリアファイルなどを用意してそれを専用にしておけば分かりやすく、出し入れもしやすいです。

まとめ

便利なジップロックですが、一度だけで捨ててしまうのはもったいないですね。

とはいえ、基本は使い捨て。

再利用する時には不衛生にならないように注意して、上手に無駄なく使いましょう♪

スポンサーリンク

 - 料理