ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

遠慮のかたまり 方言の意味!他の言い方もあるの?残ってたら食べる?

   

飲み会やパーティーの大皿料理が一個だけぽつんと残るのはよくある光景です。

小鉢に一人分ずつ分けてあるなら食べやすいですが、大皿の料理だとそうはいきません。

誰か食べるかなと気を使って誰も手をつけず「遠慮のかたまり」としてそっとそのままになってますよね。

関東一個残しなど、全国各地で他の言い方をすることもありますが、似たような習慣があるようですよ。

スポンサーリンク

遠慮のかたまりのことばの意味

遠慮のかたまり。

賑やかな宴席やパーティでの大皿料理に一口分ぐらい、または一個分の料理がちょこんと乗っている状態のことを言います。

相手に「どうぞ」と心遣いで勧める日本人らしい奥ゆかしさを感じるという人もいれば、最後の一個に手をつけるなんていやしい、はしたない。という方もいます。

お皿が全部空っぽになってしまうとまた注文しなくてはいけなくなるから、話ができなくなってしまうから、などなど――確かに、意図はどうあれその場にいる人の譲り合い、遠慮の気持ちが目に見える形になった状態です。

若い人はあまり知らない、聞いたことがないかもしれない事が多いですが、大勢の集まりでお皿に料理が残りそうだと思ったらちょっと耳を澄ませてみるのも良いかもしれませんね。

遠慮のかたまりには他の言い方もある?!

私は「あ、遠慮のかたまりだ」と普通に思っていたのですが、実はこれも関西圏での方言と聞いて驚きでした。

なので、他の地域だとどのように言うのかな?と思ったら結構似たような感じでいろいろありました。

・関東一つ残し、関東一残し(関東)
・肥後のいっちょ残し(熊本)
・津軽衆(青森)
・佐賀んもんのいっちょ残し(佐賀)
・越後人の一つ残し
・越中ひとつ残し

他にも、上州ひとつ残し、信州人ひとつ残し、とどうやら「ひとつ残し」「一個残し」という部分はどの地域でも殆ど同じようで、あとは地域の名前とセットになっているのかな、と思いました。

やはり、皆がそれぞれ気を使いあって、お皿の上にちょこっと残ってしまうと手も出し難いけど、気になってしまうのは、全国どこでも同じみたいです。


スポンサーリンク

遠慮のかたまりは食べる?食べない?

さて、そんな風にしてみんなの気遣いの結果出来上がった「遠慮のかたまり」を食べるか食べないか。

うかつに手を出したら「あ、食べてる」なんて思われるかも?と緊張しますよね。これも人それぞれ、性格で食べる派、食べない派に分かれます。

私の場合はどちらかと言うと「出されたものを残すのはもったいない、申し訳ない」と思ってしまうのと、邪魔なお皿は片付けたい(苦笑)ので、様子を見て「いりませんか~?頂きますよ~?」と声をかけてから、どなたも食べないようであれば有り難く頂いてます。

会社での飲み会だと、目上の方が「食べないのかい?」と言ってくれた時に食べる感じでしょうか。目上の方がいる時にはそちらの様子を見つつ、勧めて下さったら頂きます。

お腹一杯だと勧められても食べられないので「お気持ちは有難いのですが、満腹でして…」と他の方にすすめる事もあります。

その場に合わせて臨機応変に対応できるように周囲をさりげな~く見るようにしています……が、これだとやっぱり遠慮のかたまりは中々なくなりそうにないですね(笑)。

まとめ

お皿の上の料理の最後の一個、遠慮のかたまり。

全国各地で同じように気を使いあっていると思うと何だかほっこり(?)します。

気を使うというのは日本人特有ですが、参加する場に応じてお皿の具合も見ながら料理や話を皆と楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

 - 料理