ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

桜の木に毛虫が出る時期は?気になる種類ともしもの時の応急手当

   

桜の花が咲き始めると本当に日本に生まれてよかったと実感しますが、ふとした瞬間に毛虫を見つけてしまい、思わず逃げ出しそうになることがあります。

よくよく考えれば、いつぐらいの時期から彼らが出てくるのか、同じように見えて種類も違うよね……とふと疑問になってしまった次第です。

毛虫怖いデス。慌てず騒がず、逃げるのが一番なのかも知れないと思いました。

スポンサーリンク

桜の木に毛虫がつく時期は?

昔から桜の木の近くには毛虫が出てくるとは言われますよね。

私も何となく桜前線を気にしながら、花が咲いたら浮かれてふらふら桜を見に出かけます。

本格的に毛虫が出てくる時期は、花見真っ盛りの時期を過ぎて、葉桜に移るぐらいの頃からです。

4月も半ばを過ぎて、5月ぐらいから大体9月頃まで、彼らをよく見かけます。

気温が上がり暖かくなってくると虫たちも活動しやすくなり、特に6月の梅雨時期の程よい湿気には大喜び。

初夏の瑞々しくて柔らかな桜の葉は毛虫にとって美味しいご馳走ですから、幹に葉に枝に、と闊歩しているのですよね。

秋にも活動するような毛虫も少しはいますが、その頃には涼しくなってきて桜は咲いていませんし、葉も紅葉して硬くなり落ちていきます。

そしてまた年が明けて春頃にご対面、の繰り返しなわけです。

桜につく毛虫の種類

桜に木についている毛虫は「毒の有無」で大きく二つに分けられます。

毒があるタイプ

・イラガ
刺されると、その瞬間に激しい痛みが。あまりかゆくはなりませんが、2~3日ほど痛みがあり、腫れたりします。

・クロシタアオイラガ
イラガと同じような症状が出ます。さらに長引くので厄介です。
*幼虫だけが毒を持っているそうですが、見分けはつかないというか、見分けがつくまで彼らを眺める事はないといいますか……

・ドクガ
刺されてすぐには痛みはでないのですが、かゆみも強く赤く腫れてヒリヒリどころかぴりぴりします。

・チャドクガ
刺されてすぐには痛みはないものの、後からじわじわかゆくなり、ヒリヒリ痛みます。

・マイマイガ
幼虫時に毒を持っています。それを思えば、やっぱり触らないのに越した事はありません。

毒はないタイプ

・オビカレハ
・アメリカシロヒトリ
・エゾシロチョウ

毛虫にどんな種類があるのかなとは思って探したり調べたりしたのですが、ご自身でじっくり調べてみようと思う時には写真の有無にご注意下さい(汗)。

うっかり見てしまうと虫系が苦手な方は多分夢に見る勢いで背筋が寒くなると思うので無理は禁物です……(苦笑)

外で見かけても「毛虫」という認識はしても細かく「体の色がアレで、コレで」とか細かくは覚えてはいないでしょうから、大まかに記憶の片隅に置いておくといいのではないでしょうか。

番外として、モンクロシャチホコという種類は食べる事もあるそうです。試す事は私はありませんが、食べるのに向く種類もいるということでした。テレビでもたまに見かけますが、世の中広いですよね。


スポンサーリンク

毛虫に刺された時の応急手当

毛虫に毒?と思うかもしれませんが、体についている毛が毒針になっています。

肉眼で「これだ!!」とはっきり見えるものではありませんから、近づかないのが一番だと思います。触れることのないように十分に周囲を見渡しましょう。

とはいえ、自分から触ろうとしていなくても、木のそばにいたら花粉のように風で飛んできたりもしますし、地面に落ちているものや卵(想像するだけで恐ろしい)にもついているので用心しましょう。

もし桜の木がある近くを歩いていて「毛がついてしまったかな?」と思ったら慌てず対処して下さい。

1.セロハンテープやガムテープ、コロコロなどを使って毒針の毛を取ります。
何かでごしごし拭いたり触って取ろうとしても毛が折れて他の場所に付着して広がってしまう事がありますので、そのまま触って間違っても顔周りを擦ったりするのは危険です。
2.水で洗い流します。2~3分ほど、入念に流しましょう。
3.薬を塗るなら、市販の虫刺され薬でも対応できます。

患部が赤くなったり痛みが酷くてつらいようなら、無理をせずに皮膚科に行って診てもらいましょう。

毛虫皮膚炎(!)という症状もあるそうですから、お医者さんに見てもらう時は「どんな毛虫だったのか」「どのような状況で刺されたのか」というのが分かれば伝えるといいですよ。

余裕があれば、スマホで該当する毛虫の写真も撮って見せればさらに治療もしやすいです。

わんこなどの動物にも毛虫の毛は刺さるので、この時期のお散歩はご注意下さいね。

まとめ

桜が思い切り咲く時期には毛虫はまだそれほどいませんが、葉桜だなあと見上げた時に見つけて慌ててしまうような感じでしょうか。

自ら近寄る事はよほどのことはないと思いますが(苦笑)、毒を持っている毛虫もいるため、触れて炎症を起こす事もあります。

通勤や通学などに桜並木がある時には足元や上方にも気をつけながらお過ごし下さい!

スポンサーリンク

 - 日常生活