ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

夏越の祓を京都の神社で!北野天満宮の見どころや縁日のライトアップ

   

yukari_160319_2

6月はしとしとと雨が降っていて
何とも言えない蒸し暑い日々が続きます。

それでも、月末の頃になればそろそろ雨も止み始め、
梅雨明けが近づいてくるように感じられます。

新緑からさらに濃い緑が眩しい夏がやってきますが、
その前に。

半年分の罪や汚れを祓ってくれる「夏越の祓」と呼ばれる行事が
全国各地の神社で行われています。

大きな茅の輪をもしかすると、
近くの神社で見たことがある人もいるかもしれませんね。

  

夏越の祓は京都の主要な神社の殆どで行われます

そもそも夏越の祓って何だろう?と思う人もいますよね。
6月末に行われる行事で、半年分の罪や穢れを祓って、
残りの半年の無病息災や厄除けを願います。

全国の神社で行われていますが、
京都の水無月というお菓子を思い出す人もいます。

神社も多い京都では、ほぼ京都市内の主要な神社で
夏越の祓に関する神事が行われます。

幾つか挙げてみますと、
上賀茂神社や八坂神社、貴船神社や平安神宮、
野々宮神社に北野天満宮など、観光名所としても
知られている神社でも行われているのです。

名称はそれぞれ夏越祓や大祓式と各神社でも変わりますが、
神事を間近で見ると厳かな気持ちになりますし、
残り半年もまた頑張ろうと決意も新たになるでしょう。

今回は、京都最大の茅の輪が見られる
北野天満宮をご紹介します。

梅や紅葉、菅原道真公をお祀りしている神社として
日頃は知られていますが、茅の輪を見ると本当に圧倒されますよ。

スポンサーリンク

京都の北野天満宮の大茅の輪が見どころです

6月30日には北野天満宮で夏越の大祓(なごしのおおはらえ)が行われます。
茅の輪は本殿の正面に設けられていますので、
この日も多くの人が訪れて輪をくぐっていきます。

各神社でもくぐり方の作法は違うこともあるのですが、
一般的なお作法をご紹介します。

1:茅の前にきたら、一礼をします
2:最初は左回りでくぐります
3:輪の前に戻ってきたら再度一礼して次は右回りでくぐります
4:再度戻ってきたら、また一礼をして左に回ります
5:最後には拝殿で一礼をする

という流れです。
たくさんの人がくぐっているので、自分がくぐる前に見ておくか、
後をついていってもいいでしょう。

そして見どころとしてご紹介したいのが
楼門にある大茅の輪です。

京都最大とされる、なんと直径約5mもの茅の輪です。

大きなものですから、大勢の男性で抱え上げる様子には感嘆してしまいますよね。

菅原道真公の生誕された日である6月25日は御誕辰祭として
北野天満宮で神事が行われているのですが「夏越天神」とも呼ばれていて、
この大きな茅の輪が設置されてくぐれるようになっています。

また、お土産にもなる直径7~8cmほどの
小さな茅の輪も特別授与がありますので、
お清めのためにも入手しておきたいですね。

京都の北野天満宮の縁日にはライトアップもされています!

夜の北野天満宮

6月25日は夏越天神だけではありません。

元々毎月25日は北野天満宮では「天神さんの日」ということで
縁日が行われているのです。

広い参道には露天がところ狭しと並んでいて、参拝する前についふらりと
足がそちらを向いてしまいそうになるほど賑やかです。

時間も朝早く6時ぐらいから、遅くは夜9時ぐらいまでなので、
夏本番が来る前にお祭の風情を楽しむのにもおすすめです。

それに、日没からはライトアップも行われるので
とても緑に溢れる北野天満宮は昼間の柔らかな日光からは一転、
一層幻想的な灯篭の灯りの雰囲気に包まれます。

境内は自由に散策ができますから、カップルでデートしたい時にも
立ち寄れそうなら出かけてみるのはいかがでしょうか。

少し早めに出かければ、周辺の金閣寺や龍安寺、平野神社に参拝もできますよ。

もし和菓子がお好きでお時間が合うなら、
北野天満宮前の澤屋さんにもぜひ。

小ぢんまりとしたお店なので
この時期は混むかもしれませんが、
ほっと一息つくだけでも京都らしさを感じられます。

澤屋さんの粟餅うまし

あっさりした甘さに程よい大きさなので、いくらでも入りそうでした。
お持ち帰りも、可能です。

まとめ

6月もそろそろ終わりになると、
あっという間に半年が経ってしまったと感慨深くなります。

京都に出かける予定があるなら、
是非とも大きな茅の輪を見上げに来て下さい。

梅や桜、紅葉以外の時期でも清涼な空気を湛えて
北野天満宮は迎えて下さいますよ。

もちろん、近所の神社でも茅の輪を見かけたら、
そちらでもゆっくりと半年間を振り返りながらくぐってみましょう。

参拝をして身を清めて気分もすっきりさせたら、
残りの半年を元気に乗り切りましょうね。

スポンサーリンク

 - 京都, 祭り ,