ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

母の日には妻にもプレゼントを!サプライズを意識してメッセージも添えて

   

毎年5月の第2日曜日は母の日です。

スーパーやコンビニ、百貨店などいろんな所でギフトを贈ろう!とポスターが貼られているので、自然とそろそろそんな時期が来たのかと意識するのではないでしょうか。

自分の母たちには贈るけれども、妻には何もしていなかったな…とふと思うことはありませんか?

たまには、いつもそばにいてくれるパートナーに、感謝の気持ちを込めて贈り物をするのもいいですよ。

母の日は妻にもプレゼントを用意しませんか

奥様に何か母の日にできないだろうか、そんな風に思えるのは本当に素敵なことです。プレゼントをもらえるのは誰だって嬉しく思うものなのですが、母の日なのでまず贈る前に考えておきたいことがあります。

奥様はイベントが好きな方でしょうか。
母の日にはこれまでどのような反応でしたか?

イベント好きなのであれば、一緒にプレゼントを選んだりどこかへ出かけて母の日を盛り上げて過ごしましょう。

あまりイベントなどは行っていない…という場合にはよくよく考慮しておかないと「あなたの妻であってお母さんではありません」と機嫌を損ねてしまう事もあります。

そんな風につっぱねられた時には、自分も機嫌を悪くする前にまずは深呼吸。それから素直に「日頃の感謝を伝えたかったんだ、ごめんね」とフォローを入れながらプレゼントをしてみましょう。

贈り物を選ぶ時には、ジンクスを考えて受け取る方はそれほどいませんが、こだわる人はとことんこだわります。これは少し気をつけておいた方がいいというアイテムもあるので記載しておきます。

  • ハンカチ/「てぎれ」という意味もあるので贈ると別れを想像させます
  • エプロン/もっと働きなさい=家の仕事をする時に身に着けることから転じて
  • くし/苦や死を連想させるので良くないとされる贈り物です

女性が良く使う日常の定番アイテムなので、贈ろうかなと思っていたのであれば要注意です。今は実用的なものも好まれますし、贈るシーンなどでも意味は変わってくるのですが、基本的にはあまり贈り物には良くないとされています。

自分で選ぶ時には気をつけたいですね。

母の日には妻にサプライズを意識して

花を贈りたいと思った時には定番のカーネーションです。
赤やピンクがスタンダードなカラーで人気もありますが、探してみれば黄色や白、グリーンや紫などバリエーション豊かな花が揃っています。

どれを贈ろうかと悩みますが、夫婦向けの色としては「オレンジ」です。花言葉は「純粋な愛/あなたを熱愛します/清らかな慕情」と強い愛情を意味しています。

定番の赤やピンクの言葉はどちらかというと家族向けの愛をイメージさせますから、迷った時には定番の色がいいでしょう。

また、黄色はややネガティブな「軽蔑」という意味もありますし、白の場合は亡くなった母に贈るものとされているので、これらのカラーは母の日の贈り物にはあまり向いていません。

花以外ならスイーツは根強い人気があります。
普段は食べないような、紹介されているような有名店のお取り寄せなども手に入れればすごく感動してもらえます。お菓子だけでなく美味しい紅茶や珈琲などの飲み物もあれば、家族でゆったりと寛げますね。

家で過ごしたいと思うなら、日頃の家事を一日交代して食事や洗濯に奔走するのもおすすめです。風呂やトイレもしっかり掃除して磨けば、奥様のいつもの頑張りも体感できて、より一層感謝の気持ちが生まれてくるのではないでしょうか。

二人で買い物に出かけたり、お子さんがいるなら育児を代わるなどして息抜きに外出を楽しんでもらうなど、ちょっとしたおでかけを計画するのもいいですよ。

スポンサーリンク

母の日に妻へメッセージを贈ろう

プレゼントを考えている時間も楽しいですが、せっかくなのでメッセージも準備してはどうでしょうか。

男性だと女性のように可愛らしくカードを飾ったりするのは敷居が高く感じてしまいます。最初から華やかなメッセージ用のカードを入手しておけば、装飾に悩まずに済みます。

カードを選んだらメッセージを書き込むのですが、これもまた文章に頭を使って時間が過ぎますよね。
格好良い、気の利いた文章が書けるだろうかと緊張するかもしれませんが、いろんな文例があります。自分らしい言葉にアレンジして書きましょう。何度か下書きしておくと、書きたいメッセージも形になってきますよ。

  • いつもありがとう。これからもよろしく
  • 仕事や家事をいつも頑張ってくれてありがとう。
  • 子育てをする母としても、そばにいてくれる妻としても自慢に思っています。ありがとう!
  • ずっと大好きだよ!大切にするよ

など、短くても長くても、格好付けるのではなくて、奥様への気持ちをストレートに書いてみて下さい。

普段は面と向かって言葉にするのは気恥ずかしくなりますが、母の日という特別な一日ぐらいは男性側も気合を入れてみてもいいのではないでしょうか。

何気ない「ありがとう」という言葉は、短くても心を優しく温かくしてくれます。

まとめ

母の日をきっかけに、誕生日や結婚記念日など、夫婦や家族でのイベントも気にかけてみませんか。

カレンダーのイベントを一緒に楽しめれば、さらに絆も深まっていきます。大切なひと時が充実して過ごせるように、出来る範囲で頑張ってみるだけでも、大切な人の笑顔が見れて報われたなと感じられるものです。

ずっと一緒に、これからも過ごす人に感謝の言葉を。
きっと、奥様も喜んでくれますよ。

スポンサーリンク

 - 母の日, 結婚 ,