ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

お中元の言葉や由来は?時期やマナー、結婚して初めての時はどうする?

   

6月に入ると、梅雨空を見上げて湿気に悩まされる時期ですが、それ以外にも気にかけておきたいことがあります。

それは、お中元です。

独身時代は気にしなくて良かったけれど、結婚すれば相手の家や親戚とも付き合いが始まります。百貨店などの店頭で割引の文字を見かけて「安くなってるのか、買い時かな」と値段だけ見て安心していると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

実家はともかく義実家や親戚への対応はどうすればいいのか。時期を逃さないように早めに準備を始めましょう。

スポンサーリンク
  

お中元の言葉の由来は?

今でこそ大人になれば、梅雨を過ぎればお中元だとカレンダーを見て思いますが、どんな由来があるのかまで知っている人はそれほど多くはありません。

元々の由来は中国から来ています。

一年の始めを元(げん)といい、一年の真ん中の7月15日を中元と呼んでいたのです。日本に入ってきてからこの中元は仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ、お盆)と結びつき、ご先祖様の霊を供養する日となりました。

このお盆の時期に親類縁者が行き来して、その時お世話になった人へと贈り物をするような風習が生まれ、それが次第に定着して「お中元」になったのですよ。

お中元の時期やマナーに気をつけよう

お中元の厄介な所は「何月何日」と日程が決められていないことでしょう。
それに関東と関西では微妙に時期も違っているので、余計に贈る側としては頭が痛くなりますよね。

最近はお中元のギフトも6月ぐらいから早割りをしていることが多いので、その時期に送ればいいのかなと思ってしまいがちです。

本来は7月15日ですが、一般的には礼儀として7月13日までに届けるようにすることが多いです。15日を過ぎると書中伺いや暑中お見舞いなどに変化します。

関東は新暦の7月初旬から7月15日、関西より西は旧暦の一ヶ月遅れの8月初旬から8月15日とされていますが、今では東西関係なく7月中旬ぐらいまでに届けるようにしている家庭も多いです。
あくまで一般的な時期なので、お中元を贈る際には慣習などがあればそれに倣うのが一番です。

スポンサーリンク

結婚して初めてのお中元はどうしたらいい?

会社では近年「虚礼廃止」で中元などのやり取りはなくなりつつあるので助かりますよね。

実際に義実家や親戚、兄弟姉妹にはどうしたらいいのか、これは本当に悩みどころです。贈って喜ばれるのか、どこまで贈るのか、迷惑にならないだろうか、金額は…?と悩みだすときりがありません。

家族間でも一度贈ればどちらかが声をかけるまでは贈り続けるような習慣になっているので、金銭的な負担を感じてしまう事もよくあります。

普段から付き合いがあるような親戚であれば贈りあうこともありますが、「親戚」だと贈らないという場合もあります。

義実家は旦那様のお父さんお母さんですから、いい関係を築きたいですから贈るものはご夫婦で相談してから一度贈ってみて反応を見ながら今後の対応を二人で考えるというようにしてもいいでしょう。

また、できるならお義母さんに直接どうしたらいいのかを聞いてみるのも手です。この時も「贈りたくない」というのではなくて「お家の習慣が分からないので、今後のためにもお中元をどうしたらいいのか教えて欲しいのです」と素直に相談してみましょう。

少し控えめに下がって「どうしたらいいですか?」と伺う姿勢の方がお義母さんとしても立ててもらえて嬉しく思うものです。最初ですから、少しずつどのように贈り物などのやり取りも距離を測りつつ決めていけると後々の心労も減るでしょう。

まとめ

世の奥様は結婚後も旦那様に代わっていろんなことを執り行いますから、家の内外でかなり気を使いますよね。

家族のカタチも核家族化してきて、時代やライフスタイルもかなり変化をしています。贈り物のやり取りも付き合いのうちですが、各家や地域で根強く残る習慣もあるのも事実です。

会社でも中元などのやり取りは減りつつあるぐらいですし、贈ってもお歳暮だけ、それか年賀状のやりとりをして季節の挨拶をする時に手土産を持っていくということも増えました。

初めてなのですから、相手先の習慣が分からないのは当たり前です。

肩の力を抜いて気負いすぎず、夫婦や家族で相談しながら気持ちのよいやり取りが出来るようにして下さいね。

スポンサーリンク

 - お中元, 結婚 ,