ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

紫外線吸収剤と散乱剤の違いは?成分の一覧とメリットとデメリット

   

からりとした晴天が続くと気持ちがいいですが、それだけ紫外線の量も気になってきますよね。

紫外線対策の一つとして日焼け止めがまず思い浮かびますが、購入しようと思ったらドラッグストアや薬局でよさそうなものを探しますよね。手に取ってみれば、パッケージには数値や単語がずらりと並んでいますし、どれがいいのか考え込んでしまいませんか?

それ以外にも「紫外線吸収剤」という名前を聞いてどんなものか知りたいと思うでしょう。
似たようなものに「散乱剤」もありますし、どの日焼け止めがいいのか途方に暮れてしまいますよね。

二つの効果や働きなどの違いを知って、これからの日焼け止め選びに役立てていきましょう。

  

紫外線吸収剤と散乱剤に違いはあるの?

それぞれの働きから説明しましょう。

  • 紫外線吸収剤
    その名前の通り、紫外線を吸収してくれます。
    「紫外線吸収剤」は化学合成されたものです。紫外線に当たると自分の分子を活発化させて熱や赤外線に変換したり、分子構造を変えることで肌の奥の細胞に届かないようにしてくれます。
    水を吸いこむかのように紫外線を吸収してくれているとイメージすると分かりやすいでしょう。

    ただ、吸収する時の科学反応が肌に刺激を与え、赤みやほてり、かゆさなどのアレルギー反応を引き起こす原因ともなるのです。敏感肌やアトピーがある人は、利用をする前に成分をよくチェックしておきましょう。

  • 散乱剤
    物理的に光を「散乱」してくれるものなので、肌表面に塗布した成分がベールやカーテンをかけて散乱や反射をさせていると考えて下さい。
    吸収剤に比べると毒性は弱いと言われているのですが、全く影響がないわけではありません。

似ているようで違うものですから、日焼け止めを探す時には参考にして下さいね。

紫外線吸収剤の代表的な成分一覧

紫外線吸収剤

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
    主にUV-Aを吸収してくれる。
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
    主にUV-Bを吸収してくれる。
  • オキシベンゾン-3
    UV-A、UV-B両方吸収する。

UV-Aは長い波長の紫外線で、肌の奥まで届いてシミやシワ、たるみを作ります。
UV-Bは短い波長の紫外線で、肌の表面に届いて肌に炎症などを引き起こします。

散乱剤
二酸化チタン、酸化亜鉛
ファンデーションなどにもよく使われている顔料の一種です。光を触媒とする作用もあるので、日光を浴びることで刺激を感じる可能性はあります。

これらが代表的な成分ですが、他にも数多くあります。一度自分の手元の日焼け止めのチェックをしてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤を使うメリットとデメリット

どこもかしこも、「紫外線吸収剤は悪いものだ!」といっていることが多いですよね。

肌にのせる限り、少なからず影響を及ぼすものです。どちらにもメリットやデメリットがあるからこそ使われてきていたのですから、それを比較して自分なりにどちらがいいのかを考えましょう。

  • 紫外線吸収剤
    メリット
    紫外線を防ぐ力が強いです。また、素材が無色透明なので日焼け止めを使った後でも白くなったりしないのは嬉しいポイントです。汗でも流れにくいのも特徴です。

    デメリット
    防ぐ力が強い分だけ、肌への負担も強いのが難点。テスターやサンプルがあるならまずはそちらを試してから、肌に合うかを確認して使いましょう。

  • 散乱剤
    メリット
    紫外線を浴びても化学反応を起こさない。パッケージを見てみると、ノンケミカルと書いてある場合もあります。塗った成分が長持ちするのと、UV-A、UV-B両方の紫外線から肌を守れるのが利点です。

    デメリット
    日焼け止め特有と言ってもいいかもしれませんが、独特のベタツキやぬるつきなど肌触りに違和感を感じやすいことです。また、白浮きしやすくて目立ってしまい、使用感がよくないのもデメリットです。

  • 塗り直しに関して
    吸収剤、散乱剤両方とも必要です。吸収剤は「化学反応を起こして効果が弱る」ので塗り直しますし、散乱剤は「汗などで流れてしまうから」塗り直しが必要になります。

まとめ

日焼け止めも各メーカーでずらりと並んでいるとどれも良さそうに見えてきます。私も何度か足を運んでは結局どれがよいんだと数日悩んでからじっくり考えて購入する事が多いです。

紫外線吸収剤も、散乱剤も悪いと言われたり良いと言われたりすると、結局どちらが正解なのか判断に迷います。
しっかり紫外線を防ぎたいなら紫外線吸収剤の配合があるもの、日常的に肌に負担をかけずに日焼け対策なら散乱剤が配合というように使い分けをするのもいいでしょう。(製品によっては両方配合されているものもあります。)

肌が弱いと自覚しているのであれば、まずは刺激の少ないものを選んだり、皮膚科で一度使いやすいものがないか相談するのもおすすめです。使ってから肌にトラブルが起きて治療をするのも大変ですから…。

また、日焼け止めを塗ったままにしておくのも肌のターンオーバーを阻害するので、一日が終われば化粧品を落とすのと同じようにしっかりとオフして洗顔などを行い、綺麗な肌状態を保ちましょう。

毎年新しい日焼け止めが出ています。自分や家族の健康な素肌を守るため、日焼け止めの成分も購入前にそれぞれのパッケージをよく見て選んで下さいね。

スポンサーリンク

 - 紫外線