ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

らっきょうを漬ける時期はいつ?容器なども用意して簡単な方法で挑戦!

      2016/07/02

らっきょうの艶やかで白くて丸い粒を見ていると、今晩はカレーにしようかなとメニューが頭を過ぎりますね。

普段はお店で購入していることが多いですが、人様から頂いたりスーパーなどで生のものが販売されているのを見かけたら、自分でも作ってみたくなります。

簡単な漬け方で気軽に楽しむことが出来るので、自分好みのらっきょうの甘酢漬けを作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  

らっきょうを漬ける時期はいつ頃?

出てくるのは早ければ4月末ぐらい、そして終わりも7月までとかなり長く出回ります。
一般的にスーパーなどのお店で見かけるようになるのは5月から6月ぐらいで、最盛期のこの時期ぐらいに買い求めるのがよいでしょう。

お店に出かけて探してみると、既に洗ったものや塩漬けされているものもあれば、泥や土がついた生のものもあります。手軽さを求めるなら既に塩付けされている方が簡単ですが、自分たちで長く食べることを考えるなら泥つきをおすすめします。

手作りして漬けたという気分も出ますし、かりっとした食感なども出やすいですから、満足ならっきょう漬けに仕上げやすいですよ。

らっきょうを漬ける容器なども用意

◇材料
・らっきょう1kg
出来れば泥や土つきを。ない場合や作業に時間が取れそうにない時には、洗ったものでも塩漬けでも構いません。6月ぐらいに出回るものは身がしまっているのでおすすめです。ふっくらして粒が揃っているかどうか良くみましょう。
成長が早いので芽が出始めていたり、皮が薄く緑になりつつあるようなものは鮮度が落ち始めているので避けた方が無難です。

◇調味料
・酢1カップ
・砂糖60~70g
白砂糖だと出来上がりが白く、黒砂糖やきび砂糖などを使うと出来上がりもやや黒めの仕上がりです。
・塩大さじ2~3杯
・唐辛子2本程度
カットせずに入れますが、辛いのが苦手な方もいますし好みなのでなくても構いません。

◇その他に用意しておきたいもの
・キッチンペーパーやラップ
漬けたあとの落し蓋代わりに使います。

・保存容器
ガラスなどの瓶があればそれを使いましょう。ジャムでもはちみつでも、コーヒーの空き瓶でも構いません。プラスチック容器もありますが、においがつきやすいのでらっきょうを漬けた後は他の用途に使いにくいです。

・ビニール手袋
らっきょうはにおいも強いだけでなく、健康効果もあるだけあって成分も強いです。素手で作業しても構わないのですが、敏感肌など肌の弱い人は用意しておくと作業もしやすいので、あれば便利ですよ。

スポンサーリンク

らっきょうを漬けるのは簡単です

簡単な漬け方で気軽に作りましょう!
下処理をしてから下漬けなしで甘酢に漬けるタイプです。

調味料は予め合わせておいて、沸騰させてから冷まします。
洗いや塩漬けだと既に処理は済んでいるのですが、土や泥つきのものは泥を洗い流して薄皮を剥がしましょう。
芽やひげ根はカットしていきますが、傷をつけたりカットしすぎるとそこから甘酢が実にしみ込んで柔らかくなってしまいますので注意して下さい。軽く10~20秒ほどらっきょうを熱湯にくぐらせて殺菌してからしっかり乾燥させます。一晩ぐらい乾燥させられればベター。

漬け込む保存容器も煮沸消毒して乾燥させた状態で使いましょう。
余分な水分は腐敗の元ですから、水滴などがついていたらペーパーできっちり拭いて下さい。

らっきょうが乾燥したら容器に並べながら唐辛子も一緒に詰めて甘酢液を注ぎます。浮いてくるのでラップでしっかりと落し蓋のように敷き詰めて保存します。

2週間も経てば食べごろです。手作りだと賞味期限が分かりにくいですが、保存は約一年ほどですのでそれを目処に食べ切りましょう。

下漬けをするタイプとどう違うのか?と思いますよね。

味そのものはそれほど変わらないのですが、塩漬けして水分を抜いているのでより長く保存が可能です。
また、本来は下漬けをしてから甘酢やはちみつ、しょうゆや味噌などいろんなものに漬けて楽しんでいたのですよ。そのまま塩らっきょうとして頂く事も出来ますから、慣れてきたらチャレンジしてみて下さいね。

漬ける時にジップロックなどのチャック付きの袋を使っても手軽に漬けられます。少量手に入って作ってみたいと思った時には袋で作るのもお手軽です。その時はしっかりと空気を抜いて密封して、こちらも2週間ほど冷蔵庫でじっくり漬け込みましょう。

まとめ

甘酸っぱいらっきょうは箸安めにも最適です。

カレーのお供だけでなく、細かく刻んで調味料と合わせたりサラダなどに使っても美味しく食べられて、栄養もさらにアップします。添加物もなく安心したものを食べたいとお考えなら、まずは少量からでも試しに作ってみて下さいね。

自分で漬ければその分愛着も湧きますし、病み付きになってしまいますよ!

スポンサーリンク

 - 料理, 野菜 ,