ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

京都で葵祭を楽しむのに便利なホテル!周辺グルメやコンビニに天気はどう?

      2016/04/28

桜もひと段落着いた頃には、そろそろ新緑も目に眩しくなってきます。

京都でも葵祭の話題が出始めますが、お出かけする時に便利なホテルやグルメスポットなどもあればチェックしておきたいですよね。快適な京都旅行を楽しみましょう!

スポンサーリンク
  

京都で葵祭を楽しむのに便利なホテル

遠方から来られるなら、宿泊施設選びもじっくり考えたいですよね。

予算や目的に応じていろんなホテルがありますが、大体は御所周辺か下鴨神社近辺(京阪の出町柳近辺)に多いのでそちらから選ぶことになるでしょう。

こちらではピックアップして3選ご紹介します。

  • 京の宿 梨の木
    アクセスは京阪出町柳駅で駐車場は要予約で1泊1,000円です。
    御所前にあり、レトロな旅館でお部屋も清潔、全室禁煙です。おかみさんがきさくでやさしく、アットホームな雰囲気のお宿です。朝ごはんは8時からとなりますが、昔ながらの和食でとても美味しいです。しっかり食べて、巡行ルートを追いかけたいですね。
    レンタル自転車もあるので、一緒に観光したいなら活用しない手はありません。
    予算は6~7000円ぐらいが目安なので、比較的リーズナブルに宿泊できます。
  • 御所西 京都平安ホテル
    最寄り駅は地下鉄今出川駅または丸太町駅。
    御所西側にある、歴史あるホテル。米国の日本庭園専門店からもランキングされた庭があります。朝食は優しい味付けのおばんざいが豊富で人気があります。
    場所柄とても静かで、ゆったり寛げます。早めに起きて御所を散策してから朝食なんていうのもおしゃれですよ。
    駐車場は40台ありますが、先着順で有料。1泊につき¥1,000(税込)です。予算は10000~17000ぐらいが目安です。
  • 京都ブライトンホテル
    御所からも五分ほどの好立地。静かで落ち着いた雰囲気でいて、ラグジュアリーな気分に浸れます。レンタサイクルもありますよ。午後8時に返却で1台1,000円です。
    シャトルバス(ホテル―地下鉄烏丸御池駅間)もありますので、移動の際には上手に活用して下さい。
    予算は早割りなどを使っても15000~30000円ぐらいは考えておく方がいいでしょう。ワンランク上のホテルですから、ここぞという時に利用したいですね。

さらにリーズナブルに宿泊したいならゲストハウスも点在しているので、そちらを利用すれば5000円以下でも宿泊可能です。

京都御所周辺の他のお宿探しはこちらでも!【楽天たびノート】

京都の葵祭周辺でのグルメやコンビニ

グルメスポットもホテル内で済ませる事もあればちょっと足を伸ばしで出かけて見たいもの。上記の地図と合わせて、コンビニ情報もあるので良かったら参考にして下さいね。

◇お食事

  • 出町ろろろ
    火曜、第1、第3月曜休。昼は11時半から午後2時、夜は午後6時から9時。
    かなり有名で人気店のため、予約必須なので今から予約しても良いぐらいです。当日訪問だと断られる事も。
    ろろろ弁当は野菜もふんだんに使われていて優しいお味なので、女性向けとも言えそうです。
  • グリル生研会館
    水曜夜と木曜休。昼は12時から午後2時、夜は午後5時から8時まで。
    こちらも有名な洋食屋さん。土日祝は終日禁煙なのと、4人以上は電話予約が必要です。
    お腹がペコペコな時にこんな美味しそうなハンバーグやエビフライを見たらついふらりと入りたくなりますよね。
    ナイフとフォークを夢中で動かしてしまう、そんなお店です。
  • おにぎり屋さん
    7時から午後6時、何と無休。
    ただの三角形ではなくて二等辺三角形であることにコダワリが感じられます。
    とんがり気味のおにぎりの形は愛らしいだけでなく、お値段もリーズナブル。わかめや梅などいろんな味があるので選ぶ楽しさもあります。
    幾つか購入しておいて、近くの川でゆっくりと頂くのも素敵ですね。
  • 丸太町十二段家
    水曜休。昼は11時半から午後2時半、夜は午後5時から8時。
    京都に来たのですから、本格的なお茶漬けを味わうのもいいのではないでしょうか。シンプルな外観なので、うっかり通り過ぎてしまう…かも?
    元祖お茶漬けをさっぱり頂くのもいいですし、予約をしてしゃぶしゃぶなどを頂くのも乙なものです。出し巻き卵がほっと一息つける美味しさです。
  • ◇甘味

    • 阿闍梨餅本舗 満月
      水曜不定休、9時から午後6時。
      こちらの阿闍梨餅は本当に美味しいです。
      どら焼き風の見た目をした生地ですが、一口かんでみると弾力のあるお餅のような食感。あっさりとした小豆がたっぷり入っているのにも関わらずあっという間にぺロリ。
      お土産にもぴったりなので箱入りで購入するのもおすすめです。一つが108円(税込)というのも嬉しいですよね。
    • 加茂みたらし茶屋
      水曜定休。9時から午後8時。
      みたらし団子なんて全国どこでも食べられると思うことなかれ。こちらが発祥と言われているのだとか。
      団子も一本に四つついていて、黒砂糖をベースにした風味溢れるたっぷりのたれが艶やかで食べるのも惜しいぐらいです。こちらも持ち帰り可能なので、混んでいるなら持ち帰りでもいいですね。
    • 神馬堂
      火曜午後、水曜休。7時から午後4時。
      上賀茂神社のすぐそばにあるこちらは老舗の和菓子店。葵祭にちなんだ「葵餅」130円は良心的なだけでなく添加物も使っていないので安心して食べられます。
      お品はこのお餅だけなのですが、それでも多くの人が買い求めるので行列が出来ますし、何より売切れてしまう事も!確実に手に入れるなら早めにお邪魔するか、予約しておきましょう。
スポンサーリンク

京都の葵祭で気になる天気

葵祭の目玉ともいえる巡行は、開催の5月15日に雨が降れば次の日に順延となります。

季節柄、京都はこの時期雨がぱらつく事もよくあります。京都に住んでいるなら慣れっこですが、遠方から来る方にとってはなるべく晴れて欲しいと思いますよね。

実際に雨が降ってしまって次の日に順延になったのは1997年と2012年。下鴨神社までは行ったけれども、そこで巡行が打ち切りになったのは2000、2002、2003年です。雨にぬれた衣装をクリーニングするのにも数百~数千万円かかりますし、何よりずぶ濡れになってしまうと巡行されている方々も見に来た皆さんも本当に大変です。

雨が降りそうだから心配だなと思ったら出町柳商店街はアーケードなのでそこで待っているのもおすすめですよ。巡行ルートの時間だと11時15分ぐらいになりますから、お土産探しがてら散策をしつつお出迎えをするのも楽しいです。

2015年の5月15日は真夏日を越えるぐらいでしたので、晴れた時にゆっくり行列と一緒に歩くのであれば水分補給も忘れずに行いましょう。

まとめ

葵祭が行われる周辺は京都市内でも北の方となります。
お祭自体が巡行を一緒に追うものですから、それほど混雑が酷いということはありません。

ゆっくりと行列を見ながら、甘いものを楽しんだり素敵なお土産を探して、疲れたらお腹いっぱい食事もして。
京都らしい初夏を楽しんできて下さいね。

葵祭を楽しむためにこちらも参考にどうぞ!
日程やルートについて5月3日の流鏑馬神事について

スポンサーリンク

 - 京都, 祭り