ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

自転車に乗って傘を差すのは違反?14項目の確認と傘の固定について

   

梅雨の時期は特にそうですが、長くしとしと降り続いていると何だか気分も重たく感じてきますね。

通勤や通学の手段に自転車を使っている人にとってはとても大変な時期でもあります。

傘を差して運転する人も多く見かけますが、最近は自転車のマナーだけでなく法律なども変わっています。
乗る前に、少し振り返ってみてはいかがでしょうか。

自転車に乗って傘を差すのは違反?!

昔なら雨の日に自転車に乗りながら傘を差す姿は当たり前のようなものでしたね。

気軽な乗り物として子供から大人までいろんな人が利用をしていますが、あくまでも自転車は「軽車両」と呼ばれ道路交通法上は車の仲間として扱われます。

交通事故も自動車より自転車の方が多いと言われるほどですから、自分自身でも安全な運転が出来ているか気をつけたいものです。

片手でハンドルを握ってふらふらと不安定な状態で走っている自転車を見ると、避けたくなってしまいますよね。傘差し運転は「安全義務違反」とされる場合もあります。

各都道府県の条例等によっていろんな表記がありますが、基本的には「傘は差してはいけない」と肝に銘じて下さい。五万円以下の罰金になる事もあります。

自転車の14項目で傘はどうなるの?

どのように法律が変わったのか気になりますが、平成27年6月1日から施行されたという話題を聞いたことはないでしょうか。

これまでは比較的緩いとされてきた自転車に対しても、罰則が強化されたのです。「自転車運転者講習の義務化」ということで何度も危険な運転を繰り返していると、自動車と同じように講習を受けなくてはいけないのですから、非常に大変だと慌てた方もいるでしょう。

危険とされる14項目が設定されているのですが、違反切符を切られるような取締りを受けたり交通事故を「3年以内に二回以上」起こしてしまうと講習を受けることになります。受講に従わなかったときも5万円の罰則金ですし、適用される年齢も何と14歳からというのですから驚きでしょう。

傘を差していたというような普段何気ない運転以外にもあるので、チェックしておきましょう。

  • 信号無視
    文字通りですが、赤信号で渡るなどですね。
  • 遮断踏み切り立ち入り
    これも文字通りで、下りている踏切の中に立ち入るのは危険です。
  • 指定場所一時不停止
    止まれという標識などがあれば、自転車も従って停止しましょう。
  • 歩道時の通行違反
    自転車は原則車道です。標識で通行が出来る場合でも車道よりを心がけて徐行しましょう。歩行者の邪魔はいけません。
  • ブレーキ不良
    これはどう考えても危険ですね。気がつきやすいので早々ないとは思いますが・・・。
  • 酒酔い運転
    お酒が飲める年代の人は注意しましょう。繰り返しですが、自転車も車両の仲間です。
  • 通行禁止違反
    標識などで禁止されている場所は通行できません。
  • 歩行者道路の徐行違反
    原則車道を走るのが自転車ですが、標識で通行可能な場合でも歩行者に注意してゆっくり走りましょう。義務です。
  • 通行区分違反
    自転車道がある時には自転車道を走りましょう。ない場合は車道の左側を車と同じ進行方向で走ります。
  • 歩行者の通行妨害
    歩道は歩行者優先で、通行を妨げないように走るのが原則です。
  • 交差点安全進行違反
    交差点進入の時には優先道路があればそちらを優先します。
  • 交差点優先者妨害
    右折や左折の時に車の邪魔にならないように安全に走行しましょう。
  • 環状交差点進行違反
    環状交差点に入る時には必ず徐行して進行しましょう。
  • 安全運転義務違反
    かなり幅が広いのですが、傘差し運転やスマートフォンや携帯の操作をしながらの場合はこの項目で取締りされます。

日常的にどんな走り方をしているのか、今一度家族や友人に聞いてみるのもいいですね。自分は大丈夫だと思っていても、実は取り締まり項目に触れている事もあるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

自転車を傘で固定するのはいいの?

運転時に片手で傘を差しているのがダメだと言うのであれば、良く見かける固定器具を使えば問題ないだろうと思いますよね。器具を使用して傘を差す行為もほぼブラックに近いグレーなので、やめておく方が無難です。

積載物大きさ制限超過違反だ、と言われてしまうか「安全運転義務違反です」と伝家の宝刀を抜かれてしまえば終わりです。

都市部となれば多くの人が歩行していますし、自転車も同じように走ります。自分は大丈夫だと思って固定器具をつけていても、うっかり風雨に煽られてしまえば人や物に当たってしまう事も想定されます。

誰かが使っているのを見かけたから自分も使っていいというのではありません。

自分や他の人のためにも、安全に走行できるように気遣えるようにしたいですね。

まとめ

免許も不要で乗れていた自転車も、マナーの悪化や事故の増加により法改正もされてきています。

雨の日には当たり前のように傘を使っていた人も、今後は自転車に乗るならレインコートやカッパの着用を徹底しましょう。

安全に配慮して、自転車をスマートに乗りこなしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 梅雨