ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

七夕の行事食はそうめん!可愛くデコりながらおすすめの献立も用意しよう

      2016/07/02

七夕も一年に一回やってくる行事の一つです。
五節句の一つで、星祭とも呼ばれているので風情もを感じられますね。

最近はお祭りやイベントも数多く行われるようになりましたが、それでも家族でのんびり笹飾りを作ったり、食事をしながら過ごしている人も多いですよね。他のイベントのように何か特別な行事食があれば食べてみたいなと思いませんか?

実は七夕は、夏に大活躍するとある麺類がこの時期に食べる食事だったりするんですよ。

スポンサーリンク

七夕の行事食はのどごしよく食べられるそうめんって知ってました?

暑い夏には誰もが一度ぐらいはそうめんのお世話になっているのではないでしょうか。それぐらい多くの人が常備しているポピュラーな麺類ですが、七夕の時期には何と主役の料理として扱われます。

徐々に知られつつありますが、何と1000年も前からそうめんが食べられていたのですよ。

元々は古代中国で7月7日に亡くなってしまった帝の子供の霊が疫病を流行らせてしまったのですが、その時に子供の好物だった「索餅(さくべい)」をお供えし、お祀りして鎮めようとしました。この時期に「索餅」を食べると一年間無病息災という伝説があり、それが日本に伝えられて宮中に取り入れられた後に、一般でも広がって多くの人に食べられるようになりました。

索餅はいつしか食べやすいそうめんへと変化して、七夕の行事食として今もなお食べられているのです。
これから本格的な夏を迎える前に、食材をふんだんに組み合わせてしっかりと食べて体力をつけたいですね。

七夕らしくそうめんも楽しくデコってしまいましょう!

いつもお料理を頑張るお母さんとしては、お子さんから七夕のご飯は「特別なの?!」と可愛い顔をして期待されたら苦笑しながらも頑張るしかありませんよね。行事食としてのそうめんは準備も簡単でいいのですが、だからと言って普通に茹でて出すだけにはできないのがつらいところです。

仕事をされているお母さんも多いですから、簡単に出来るそうめんのデコやアレンジなどをご紹介します。

  • 定番のデコは型抜きを使ってのアレンジ!
    100円均一のショップでもいろんな型抜きを揃えていますが、七夕であれば星やお月様を中心に揃えておくと夜空の星を簡単に表現できます。
    丸や四角、三角でも最初に型抜きをして、その後に星などで抜くと楽しい形ができます。
    女の子や男の子の形もありますので、それも用意しておけば織姫と彦星に見立てて型抜きするのも素敵ですよ。

    型抜きであればお子さんも一緒に作業できますから、飾りを作るだけの状態にしてからお手伝いをお願いすればきっと楽しく型を抜いてくれるでしょう。

  • そうめんの盛り付け方もポイント
    より華やかにするなら大きなお皿を準備して盛り付けましょう。
    茹でた後にぬめりを取り、水でさらしながら綺麗に巻いて形作ってからお皿に一口分ずつ盛り付けてから飾りつけ。
    または、天の川のようにそうめんを長い状態でお皿に並べて、夜空の星を並べるように型抜きした具材を飾りつけ。
    豪快にたっぷり茹でたそうめんを盛り付けて、お皿のふち周りなどに飾り付けをしても楽しいでしょう。

    型抜きだけでなく、スライサーを使ってきゅうりやにんじんも細く細かく切っておくと飾り付けのバリエーションも広がりますよ。

  • デコに使いやすい具材
    たまご焼き、ハム、にんじん、きゅうり、プチトマト(そのままや四分の一のカットなどにして飾る)
    おくら、チーズ、パプリカなどが彩りもよくて使いやすいです。
    みかんやさくらんぼなどもあればお皿にあしらえば可愛らしい雰囲気が出ます。

お皿も特別なものがあれば用意して、楽しくそうめんをデコってみて下さいね。


スポンサーリンク

七夕の行事食以外のおすすめの献立は?

そうめんが行事食とは言え、やはりそれだけでは何となく物足りなく感じてしまいませんか?

子供たちはお腹いっぱいになってくれても、お母さんも後もう一口ぐらい…、と思うでしょうし、お父さんならきっと「まだ食べたい…」と苦笑いしてお腹を撫でてしまいそうです。

そうめんと一緒に食べやすくて用意しやすい献立はちらし寿司です。これもそうめんと同じような感覚で、土台のお寿司を飾るようにすればそれほど手間もかかりません。全部手作りしようとすると大変ですから、ちらし寿司の素を購入して使えばベース部分は簡単に作れるので、後はアレンジして楽しみましょう。

家族で食べる分のご飯にちらし寿司の素を混ぜてから、寿司飯を大きなお皿に丸や四角などに形作って盛りましょう。そうめんで使った飾りをご飯の上に飾り付ければ出来上がりですからとても簡単です。

余裕があればお吸い物などもあると、さらに豪華になります。いつもの七夕の食事も、ちょっと工夫するだけで食卓がかなり華やかに彩られて、食べるのが楽しみになりますよ。

まとめ

七夕も段々とメジャーなイベントの一つとして、いろんな所で盛り上がりを見せています。それでもまだまだ、お家で家族皆で小さな笹飾りを作ったり、夜空の星を見上げて過ごす事も多いですよね。

普段食べなれているそうめんですが、七夕の行事食として食べるとまた気分も違ってきます。型抜きした具材をたっぷり飾れば、特別な一皿に変身してくれます。

わいわい食事を楽しみながら、次の七夕までの健康を家族皆で願いながら団欒を過ごしましょうね。

七夕のそうめんの基になったという索餅のお話はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

 - 七夕, 料理