ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

夏バテの症状になっているかチェック!原因や治し方を再確認

   

梅雨が明ければそろそろ光り輝く眩しい夏がやってきますね。

海や山、花火大会や縁日に出かける予定を立てて、夏の休暇を楽しみにしているのではないでしょうか。

夏の暑さの厳しさは年々増してきていますので、仕事や勉強などで頑張りすぎてバテないようにして下さいね。

夏バテの症状になっているかチェックしよう

容赦なく照り付けてくる日光は眩しくて夏らしさを感じさせてくれますが、つい口癖のように「暑い」と出てしまいます。

それだけならまだいいのですが、仕事場はこれでもかというぐらいに冷房がかかって逆に寒すぎるぐらいですし、何かの折に外へ出たらまた直射日光で肌が焼けそうなほどに暑いのですからとても体力を消耗します。

「暑い」と同じぐらい「バテた…」と汗を拭きながらついつい呟いてしまいますが、実際にどんな症状が「夏バテ」なのか良く分からない時もありませんか?

◇夏バテの症状

  • 全身の疲労・倦怠感がある。「だるい」と感じる。
  • 頭がぼんやりとして思考力が低下する。
  • お腹は空いたような気がするけれども食べる気がしない。食欲不振。
  • お腹の調子が悪くなって下痢や便秘になってしまう。
  • 気力も低下してやる気がなくなる。

さらに酷くなると、頭痛や発熱、くらくらしてめまいを起こしたりします。
夏場には誰もが一度はこのような症状を感じたことがありませんか?夏ではなくても同じような症状になることもありますが、自分で一度チェックしてみて下さい。

夏バテの症状は何が原因で起こっているの?

気がついたらどっと疲れが溜まっていて、寝ても寝たような気がせずに起きて鏡を見たら目の下にクマが出来てショックを受けたりもします。仕事のしすぎかな、それともストレスが溜まっていたのかな、と自分なりに結論付ける事もありますが、夏バテの可能性もありますので、どうか無理はなさらないで下さいね。

◇厄介な夏バテの原因は?

  • 急激な温度差
    クーラーで冷えた室内と35度を超えるような炎天下の外の気温差に体がついていけずに自律神経の働きのリズムが狂ってしまいます。
  • 脱水症状
    汗も大量にでますから水分も補給しないと脱水症状を起こします。ミネラルも同時に失われているので、適度に塩分も一緒に取らないと体液の成分が薄くなります。
  • 食欲不振
    体が弱っている所に暑さで固形物(肉や魚、ご飯など)があまり食べられない状態になると、必要な栄養素が体に行き渡らずに段々元気もなくなっていきます。
  • 冷たいものの摂りすぎ
    アイスや冷たい飲み物は美味しいですが、そればかり選ぶと今度は冷たいもので胃腸が冷えて働きが弱まってさらに食欲不振を助長させます。

夏の暑さは40度近くになるような事もあるので冷たいものに手が伸びてしまいがちですが、今一度日頃の生活を見直したいですね。


スポンサーリンク

夏バテの症状の治し方はある?

どうやったら夏バテが治るのか、すぐ治る方法があれば知りたいですよね。

夏の暑さによる体調不良は、毎日の疲労などの症状が積み重なって「はっ」と気がつくことが多いので、少しでも早く治したいなら病院に行って診察を受けて点滴や必要な処方をしてもらうのが一番です。

けれども、それに頼りきりだとまたすぐに夏バテの状態に戻ってしまいそうですから、普段の生活でも出来ることはしておきたいです。

◇できることは?

  • 体を冷やさない
    オフィスや室内は夏場はクーラーがかかっていることが殆どですし、温度調整が出来ないこともしばしばです。
    冷房がかかっている場所ではカーディガンを羽織ったり、ブランケットなどを準備しておきましょう。
    冷たいものを食べ過ぎないようにしたり、たまには熱いお茶を飲んだりするのもいいですよ。
  • 水分補給
    脱水症状にならないようにするには、こまめな水分補給が大切です。
    ポカリスエットなどでもいいですが、摂りすぎて糖分の量が増えるのも困り者ですよね。
    ほんの少し塩を入れてもいいですし、塩味系のキャンディなどを休憩の時に一口食べるのもおすすめです。
  • 食事も食べましょう
    まずは、無理のない程度に少しずつ食べればいいです。
    無理やり頑張って肉を押し込んで余計に気持ち悪くなってしまったりするとツライですからね。
    よくうなぎは夏バテに良いと言われますが、実際問題高いので毎日食べるのは難しいです。
    夏野菜を中心に豚肉や鶏肉、魚で食べやすいメニューで最初は「食べられる量」から食べていきましょう。
    後もう一口食べられそうかな、と思ったらもう一口。それぐらいのペースでいいですよ。
    お酢やレモンなどのすっぱい系は食欲増進や疲労回復効果もあるので取り入れたいですね。

運動も程よく行って体を動かせば血行も良くなるので、食べた栄養が全身を巡っていきます。
暑いので寝苦しいですが、ゆっくり体を休めて元気を取り戻しましょう。

まとめ

暑い日が続くとそれだけで本当に体も疲れきってしまいますよね。

クーラーをかけていると気持ちいいですが、「気持ちよい」を通り越して暑いのに体が芯まで冷えているという人も少なくありません。夏バテしやすい環境の中で生活をしているので、自分で気をつけないと気がついた時には疲弊してしまっています。

衣替えをして冷房も使うような時期が近づいてきたら、バテないように早いうちに体調を整えて夏の暑い時期を乗り越えましょう!

夏バテの時でもゆっくり寝られるように、こちらも参考にどうぞ。

スポンサーリンク

 - 夏バテ