ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

大阪の祭りは愛染さんから!スケジュールや出店の時間も見て出かけよう!

      2016/04/27

6月中はしとしとと雨が降り続いて梅雨らしさを感じますが、段々月末が近づいてくると大阪ではお祭りを待つ人たちがそわそわとし始めます。

関西でも先陣を切って行われる祭りで、夏の訪れを感じてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

大阪の祭りは愛染さんから始まります

6月の終わりになれば、大阪の人であれば「そろそろあのお祭りの時期だ」と早く梅雨が明けるのを待ち遠しく思っています。

大阪の三大夏祭りの一つで天王寺の愛染さんから夏本番が始まります。昔から、「愛染さんで始まって住吉さんで終わる」ということで、大阪市民に親しまれているお祭りです。

日程
毎年6月30日から行われて、最終日は7月2日です。
愛染祭りは聖徳太子のご意向を受け継いで1400年お昔から無病息災を祈って行われている祭事です。
夏越の祓も兼ねているので大法要も行われますし、愛染明王がご本尊であることから「女性の祭り」としても知られています。
「宝恵駕籠(ほえかご)」のパレードやキャンペーンガールの「愛染娘」の名前は耳にする機会がある方もいるかもしれませんね。

関西夏祭りの初日とされているので、浴衣を着て出かける方も多いので「浴衣祭り」としても有名です。浴衣を着て出かけると愛染娘さんからラブブレスを頂けますので、先着順(毎日100名、合計300、夕方6時から)なので参拝と一緒にチャンスがあればもらっておきましょう。

◇場所とアクセス

地下鉄夕陽丘駅からはすぐそこですが、JRの天王寺駅からのアクセスだと15分ほどです。大きな道沿いに歩けば愛染さんも分かりやすくなっているので、お祭りの中をそぞろ歩くのも雰囲気を味わえますよ。

愛染まつりの周辺スポットをさらに詳しくみたい時にはこちら【楽天たびノート】

愛染祭りのスケジュールって?

6月30日から7月2日までの3日間のスケジュールです。

  • 宵宮 6月30日
    宝恵駕籠(ほえかご)は紅白の布や愛染かつらの花をあしらい、浴衣姿の愛染娘たちを乗せて練り歩くパレードがあります。女組や男組の威勢のいい「愛染さんじゃ~!ほえかごっ!」の掛け声は、大阪らしい活気を感じられることでしょう。
    出発式は13時半から14時にあべのキューズモールで行われて、14時ぐらいから出発し、15時ごろに愛染堂に約一時間ほどかけて到着します。

    秘仏である愛染明王や、大日大勝金剛尊の特別ご開帳もあります。
    年末年始にも公開されるのですが、多宝塔の扉が開くのは年一回なので仏像ファンの方も必見です。夏越の祓の大法要は17時から30分程で行われるので、残り半年も元気でいられるように祈りましょう!

  • 本祭 7月1日
    ミス愛染娘コンテストが19時から行われます。可愛い愛染娘さんたちの笑顔を見ていると、それだけでも暑さも吹き飛びますよ。
  • 残り福 7月2日
    この日も演芸大会、祭囃子も行われます。
    露天も出ていますのでゆっくり周辺界隈を歩きながら大阪の夏を肌で感じてきて下さい。
  • その他の見所
    毎年お祭りの三日間の時には、小雨がぱらつきます。
    それを「愛染パラパラ」と読んでいて、参拝の行き返りの途中にこの「パラパラに出会うと結ばれる!?」とまことしやかに言われています。カップルでどこのお祭りに行こうかなと考えているなら、二人の仲を深めるために愛染さんへと訪れるのもいいですね。


スポンサーリンク

愛染祭りの出店の時間

愛染祭りでは屋台もかなり多く出ます。300近いお店がずらりと出ますので、散策していると人の波にもまれてしまいそうになるほどです。小さなお子さんと一緒に出かける時にははぐれないように手をつないでゆっくり歩いてあげてくださいね。

屋台も飲食店を中心にたこ焼きにお好み焼き、ホルモンにから揚げ、氷などが目白押しです。美味しそうなにおいにつられて、ついつい買い込みそうになります。
金魚すくいやスーパーボールも見慣れたものですが、少し毛色が変わった屋台にひよこ釣りも見かけます。
さらにその上を行くのは、なんと亀やハムスター。そうかと思えばうなぎつりなど想像しなかったような屋台も出ているので、「さすがは大阪」と思わず驚きを通り越してしまうでしょう。

谷町筋沿いや境内を散策しているだけで、食べ歩きも堪能できてしまいますよ。

まとめ

大阪の夏の風物詩として、愛染さんは欠かせない存在です。女性のお祭りでもあり、華やかに可愛らしい浴衣姿の娘さんたちが愛嬌を振りまくのも可愛らしいものです。

一足先に夏の訪れを告げてくれるお祭りに、ぜひ足を運んでみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 祭り