ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

犬の夏バテの症状は?治し方や対策は外で飼っていても考えよう

   

梅雨も明ければ、爽やかな青い空が広がってかんかん照りの夏がやってきます。

冷たいものも美味しいですし、イベントもたくさんで嬉しいですよね。犬を飼っている人でもいろんな計画を立てているだろうと思います。

最近は夏の暑さも応えますから、体調管理に気をつけて過ごしたいですね。

スポンサーリンク

犬の夏バテの症状って何があるの?

夏がやってくると花火大会やお祭りに休暇などで楽しみも目白押しですが、犬を飼っている人には少し心配な事もあります。
わんこの殆どが暑さに弱いのですから、元気がなくなってくる姿を見るとそれだけでも飼い主にとっては身を切られるような思いになります。すぐに元気になってくれればいいのですが、ずっと体調が良くなさそうな感じだとはらはらしてしまいます。

犬たちも人と同じように夏バテすることがありますので、しっかりと普段から様子を見て健康管理を行いたいですね。

◇主な夏バテの症状(犬の場合)
・食欲不振、ご飯を用意してもあまり食べてくれない
・元気がなくなってあまり散歩にも行きたがらない
・声をかけてもすぐに反応をしない
・食事をしても、便が下痢気味になったり柔らかくなっている

夏バテの場合は、人間と同じように時間をかけてじわじわと症状が進んでいきます。何となくでもいつもと様子が違うと思ったら、早めに対処をしましょう。飼い主であるあなたのその感覚はとても大切です。

初期症状のうちに病院に行って対処できればそれが一番ですが、さらにこの症状が進んでいくと食事が進まず体調が減り、水も飲む元気がなくなれば脱水症状なども起こってきます。体調悪化の一途を辿りますので、普段よりしっかりと良く見てあげて下さい。

たかが夏バテ、されど夏バテ」です!

犬の夏バテの治し方は?

もしかしたら夏バテしているのかな?と感じたら自分たちでも出来ることをしてあげましょう。

  • 水は出来る限り新鮮なものが飲めるような状態にしておきましょう。
  • 食べる量が減っていて食欲がなさそうであれば、ドライフードなら少しスープなどの水分を足して食べやすくすると食いつきが良くなる事も。
  • 気温や湿度は手足やお腹がつく床が25度ぐらいになっていれば犬たちも過ごしやすいです。
  • 室内飼いをしているならマットの工夫や扇風機、エアコンを工夫して使えば涼しい環境を保てます。

ただし、冷えすぎは犬にとっても良くないので注意して下さい。室内と室外の温度差で体温調整が上手くできなくて、自律神経のバランスが崩れたりするのは、犬たちも同じです。


スポンサーリンク

犬の夏バテの対策は外だとどうする?

最近は室内で飼っている方も多いですが、外で飼っている方ももちろんいます。その時にもいろんな対処法がありますが、温度は中々コントロールしようにも難しいですよね。

まずは「直射日光を避ける」ということが大切です。
おすすめなのが、よしずです。すだれのようなものですから、立てかけて日陰を作ってあげるだけでもかなり変わります。海水浴で使うようなパラソルも使えそうならそれでもいいですね。敷物もござなどを用意すれば快適です。

大き目のたらいなどがあるならそれに水をいれてあげてもいいでしょう。水が好きな子であればそこで涼みながら遊んでくれます。アイスノンなども使いたくなりますが、性格によってはおもちゃのように扱って(ワンコからすれば当然ですけれど)かんで中身が出ていたりする事もあります。使わないタオルがあれば濡らしてそれで包んであげるのもいいですよ。

対策をしていても、やはりつらそうだなと思ったら家の中に入れてあげて涼しくしてあげて下さいね。

また、外で飼っている場合には蚊取り線香をつけて虫対策もされていると思います。
あまりに元気がないようであれば、夏バテ以外の病気も考えられますので、心配なら病院に行ってあげて下さい。特に症状がないようであればそれほどお金もかかりませんので、早めの診察が一番安心できます。

まとめ

私も外で犬を飼っていたのですが、小屋の近くの地べたでがしがしと穴を掘ってそこにどっかり座り込んで自分の陣地!と言わんばかりに占拠していました。お散歩の時も川があれば突進して行くこともしばしばでした。後で体を拭いたりシャンプーは大変でしたけど、夏をエンジョイしていたのかなと思います。

犬はとても我慢強い生き物です。普段から健気に飼い主たちのことを考えて、つぶらな瞳で見つめ返してくれています。

元気がなくなってきたのであれば、それだけ彼らも我慢が出来ないほどの状態になっていると思って下さい。ばてているのかな、と思ったら早めの対処がベストです。

夏の暑さの厳しさをしっかり受け止めて、犬も家族も皆で楽しくお過ごし下さいね。

厳しくなりつつある紫外線のお話はこちら

スポンサーリンク

 - 夏バテ, 梅雨