ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

夏にクーラーなしの過ごし方!扇風機を効果的に使いそれ以外の対策も!

   

夏が暑いのは仕方がないことですが、それでも少しでもいいから涼しく過ごしたいですよね。

冷え性に悩む女性も多いですが、最近は男性でも冷えに悩む方が増えています。

自宅ぐらいは冷房を使わずに過ごせないかな、と思ったりしませんか?

夏にクーラーなしの過ごし方があるなら知りたい!

暑い夏がやってきましたが、日光も眩しく空気もまとわりつくように暑くて大変ですよね。
会社勤めの方ならオフィスの冷房でほっと一息つけたと思ったら、段々寒さに震えたりと体調管理もとても大変です。冷えた体で何かの折に出かけたら今度は照りつける太陽の光でまた暑くなってきて、気分も悪くなる事もあります。

会社では空調はどうしようもないですから、自宅にいるときぐらいはクーラーなしで過ごしたいと思うのも良く分かります。夏バテや熱中症になっては元も子もないですが、体調に配慮しながらなるべくクーラーに頼らない方法も考えたいですね。

夏は扇風機を効果的に使いましょう

クーラーなしで過ごそうと思ったら、やはり扇風機は必須アイテムになってきます。
場合によっては扇風機も使わないという方もいらっしゃいますが、よほど涼しい場所でないと難しいですよね。上手に扇風機も使いこなして、快適な空間作りに生かしましょう。

  • 体感温度を変えよう
    つけていても暑いと感じる時には、風の強さを変えてみましょう。
    弱なら中、中なら強にしてみるだけでも風の流れが変わるのでかなり涼しいと感じられるようになります。
  • 部屋の温度にムラを作らないようにしよう
    クーラーを使っている場合でもそうですが、冷たい空気は下に溜まりやすく暑い空気は上へ移動します。
    この状態だと部屋の中はいつまで経っても暑いままですから、扇風機やサーキュレーターで上に風を当てて部屋の空気をかき回して均一にします。窓を開けてそちらにも扇風機を向けて空気を入れ替えるようにすればだいぶ部屋の中の空気の温度は変わります。
  • 冷たい風を送ろう?!
    そうは言っても、夏は空気そのものが熱いですよね。
    少しでも涼しくしたいと思ったら、保冷剤や水を入れて凍らせたペットボトルを扇風機の前後に置いて回せば冷風になるのでしばらく回しておきましょう。ペットボトルなどはぬるくなればまた凍らせればいいので便利です。ペットボトルの代わりに洗面器などに氷を作っておいてもいいですが、その時はこぼれたりしないように気をつけて下さいね。
  • 空気を動かすことが大切
    窓が複数ある場合なら特にそうですが、少し開けて窓に向かって扇風機をかけます。そうすれば、中に風が吹き込んできますのでかなり室内の温度も改善されてきます。マンションなど住んでいる階層によっては防犯上心配になるだろうと思いますので、その場合は臨機応変に他の手段で涼しい環境づくりをしましょう。
  • 気をつけたいこと
    扇風機もクーラーと同じく、直接風が当たるとどれだけ風量が弱かったとしてもやはりひんやり感じます。
    その時は壁に向けてその風を自分に当たるように工夫すれば若干冷たさも和らぎますよ。


スポンサーリンク

クーラーや扇風機以外の対策など

扇風機を使っていて少しはしのぎやすくなったとしても、暑さは変わらず段々とまた汗をかいてきたりもしますよね。他にも涼しく過ごせるような手段もありますので、併用して快適に過ごせるようにしてみて下さい。

  • 直接部屋に日光を入れない
    よしずやすだれを使う。日光を遮ってくれるだけでもかなり暑さは和らぎます。
    ホームセンターだけでなく、最近は100円均一ショップでも見かけるので試しに使ってみるのもおすすめです。
    ガーデニングがお好きならグリーンカーテン(ゴーヤや朝顔などがやりやすいです)もいいですよ。
    シーズンが終わった後に片付けるのが大変ですが、緑を見ているだけでも暑い時にはとても癒されます。
  • 窓に断熱材を使う
    DIYが得意であれば断熱シートを使うのも手です。日光や紫外線を遮ってくれるのは心強いです。
    スプレーやリキッドタイプもあるので、使いやすいものを選んで利用しましょう。
    ただし賃貸の場合は利用前に使ってもいいか確認しておきましょう。
  • 窓の開け方
    最初はなるべく全開にして空気を入れ替え、大体入れ替えが済んだと思えば細く開けておく方が風が入り込みやすいです。

換気扇も常時運転させておくといいですが、電気代や騒音との兼ね合いで上手く利用したいですね。
浴槽に水を張っておいたりするのもいいですし、風呂の残り湯をベランダに打ち水をするのもいいでしょう。
シャワーをこまめに浴びて汗を流すのもすっきりできます。(その後にハッカ油を使うとかなりクーリングできます)

また、不要な家電の電源コードは抜いておくといいですよ。意外と家電の類は発熱しています。
敷物も夏場の間は畳やいぐさなどに変えてみると、見た目にも涼しくなります。
風鈴の音なども心地よく感じられますが、騒音と取られることもあるので上手く取り入れてみて下さい。

休日なら日中の暑い時は部屋にいるより外出して涼しいところショッピングを楽しんだり、図書館に出かけて気分転換というのもいいですよね。

まとめ

私もクーラーが苦手なので、夏場は扇風機のみで過ごしています。それもパソコンの熱量がすごく、ファンの音がかなり頑張っている様子が見て分かりますので、こちらに風を当てている始末。水分補給なども適宜しながら、汗をかいて過ごしていますが、慣れればクーラーなしでも元気に生活できていますよ。

最近は35度を超えるような高温の日々も多いですから、無理はせずに水分補給をしたり食事もしっかり食べて体調を整えながら暑い夏を乗り切ってくださいね!

スポンサーリンク

 - 夏の行事, 夏バテ