ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

夏風邪の原因は大人でも同じ?症状や引き始めの対処について

   

暑い夏はクーラーの中で過ごしていると外の暑さも忘れがちです。

いざ外に出ると眩しい日差しに高温の世界が待ち受けています。

体調も崩しやすいので、咳や高熱が出たら夏風邪を引いてしまったかもしれませんので、要注意ですよ。

スポンサーリンク

夏風邪の原因は大人でも同じ?

大人でも夏に風邪は引きます。

夏に風邪を引くのは不思議な気持ちになると思いますが、冬とは全く違っていて、夏の高温多湿な環境を好むウイルスが活発に活動しているのです。冷房をこれでもかと強風をかけたオフィスで過ごしている方も多いですし、仕事を終えて外に出れば今度はかなり暑くて、自律神経が狂ってしまって体調を崩しやすいです。

最初はちょっとした体調の変化で「おや?」と思いながらも夏ばてになってしまって、食欲不振や熱帯夜で寝不足になりがちです。体力や免疫力が低下してしまうと、普段の元気な時よりもウイルスの影響を受けやすくなっています。

風邪は冬に引くものと思い込みがちですが、夏場も意外に周りの人が咳で大変な思いをしていたり、鼻水が出て困っていたりする事もよくあります。暑い夏でも元気に過ごせるように、自分の体調の変化をしっかりと見つめて過ごしたいですね。

夏風邪は大人だと症状はどうなの?

まず夏風邪も基本的な症状は一般的な風邪と同じで、のどが痛くなったり腫れたりします。
発熱したり咳が出たり、頭痛や悪寒などもあるので「ただの風邪だろう」とそのまま見過ごしがちです。夏風邪の場合はお腹にも症状が出ることがありますが、冬のウイルスとは違うからです。

まず高熱が出た時には、ヘルパンギーナを疑います。
コクサッキーウイルスが原因菌とされていて、手足口病にいたような症状が出ますが、潜伏期間もあり3~6日過ぎてから唐突に38度を超えるような発熱が起こります。
高熱だけではなく、のどが腫れたり水泡が出来たりしますし、大人の場合は子供より重症化することが多いです。あまりに熱が続く時には痙攣を起こす場合もあるので早めに病院に行ってみてもらいましょう。
のどが痛いと水を飲むだけでもつらく感じるので、水分補給はゆっくり少しずつこまめに行ってみて下さい。

また、お腹の痛みを感じたり、下痢をする事も良くあります。
これはエンテロウイルスに感染している状態が考えられます。普通の風邪のようにのどで繁殖するだけでなく、腸でも繁殖するのでお腹にもいろんな症状が出てさらにひどい思いをすることになります。
熱が出たりするだけでなく、腹痛も酷いときにも「夏風邪かもしれない」と用心しないといけません。
ただ、下痢などの症状はウイルスを排出しようとしている体の働きなので、出来れば薬なども使わずに様子を見ながら安静にしましょう。

咳も風邪とは切っても切れない存在ですよね。
この場合はアデノウイルスに感染している可能性があります。のどや腸などで繁殖するのですが、熱やのどの痛みという基本的な症状に加えてさらに激しい咳が出ます。激しい咳が続くことで、咽頭炎になってしまう事もあるので厄介です。
咳が長く続くと肺炎の可能性もありますので「いつもと違う?」と思ったら病院できちんと診察してもらうようにしましょう。


スポンサーリンク

夏風邪も引き始めの対処が肝心

夏に暴れるウイルスもあるということで、風邪の症状が出たら引き始めに早めの対処を心がけましょう。

どんな対処をしていくかですが、どの場合でも根本的な解決が出来る治療はまだありません。
ヘルパンギーナの場合だと、薬を使って痛みを抑えつつ一週間前後は安静にして回復を待ちます。のどに水泡などが出来てそれが潰瘍化することもあるので、食べようと思っても痛みで食事ができなくなる事もあります。その時には点滴なども使いながら治療をします。自然回復を待つというのはとても歯がゆいですが、食べやすいものを少しずつ口にしながら休息をとりましょう。

全般的に夏風邪はのどだけでなく腸にまで入り込んで勢いよく繁殖します。
体外にウイルスを排出するにも普通の風邪より時間がかかってしまうため、症状が長引きやすいのです。症状が長引いたり、ウイルスが他の病気の原因になることも多くあるので、厄介な存在です。

早く治したいと思うと余計に焦ってしまいますが、水分補給を行いながら消化の良いものを食べて体力を取り戻しましょう。風邪を治すためには良く眠る事も本当に重要です。睡眠不足も大敵なので、クーラーや扇風機、アイスノンなども上手く使いながらゆっくり体を休めて下さいね。

まとめ

夏風邪というと、小さな子供たちがかかるイメージがありますよね。手足口病にプール熱など、これらも大人がかかる可能性は十分にあります。

日頃冷房がかかった部屋で仕事などを精力的にこなしていても、外気との温度差でいつの間にか体も疲弊しています。ちょっと体力が落ちてきたかな、と思ったら風邪のウイルスを寄せ付けないように栄養バランスの取れた食事をして早めに眠って元気な状態をキープしましょう。

お祭りや花火大会などのイベントもたくさんあります。夏を楽しく過ごすために、風邪とは無縁の生活を送って下さいね。

スポンサーリンク

 - 夏風邪